基峰@笹丘 ~甘い味噌ラーメン~ 

みそラーメン 630円 ☆4.0
福岡市中央区笹丘1-12-26

17062400.jpg 17062401.jpg
今日のお昼はパチ屋の1階にある老舗「基峰」。正午10分前、先客1人だが後客でほぼ席が埋まる。俺のオーダーは「みそラーメン」。平ザルであげられる中細ストレート麺は豚骨と共用、粉っぽい剛の食感を予想したが意外とモッチリ感がある今風の食感。豚骨ベースに赤味噌中心の味噌ダレをブレンドしたスープは、かなりポッテリとした甘口。味噌の甘さもあるだろうし、化調の影響もあるだろう。具のチャーシュー3枚がこれまたムッチリとした、古くささを感じさせない上質な美味さ。あとの具はネギとゴマ、シンプル仕上げ。あーこりゃ近いウチに、デフォの「ラーメン」も食べてみたくなったな。そのくらい魅力的な、イニシエと今風が入り交じった豚骨味噌ラーメンでした。

元祖ぴかいち@博多駅前 ~レタスに火を入れる~ 

レタスラーメン 670円 ☆3.5
福岡市博多区博多駅前3-9-5 11:00~19:00 日曜定休

今日はとある講座を受けて13時過ぎ、遅めのお昼。せっかくだからいつもお昼に行列してる店に行こうと「大地のうどん」博多駅店に行ってみたが……OH,NO……この時間でも行列してるよ……諦めて「元祖ぴかいち」に行ってみたらこっちはすんなり入れた。さてオーダー、普通の「ラーメン」頼んでみようと今朝までは思っていたのだが、受けた講義がフード関係、しかもスポーツとも関係あるんで、なんかラーメン頼みづらい……あ、「レタスラーメン」ってのがある。じゃあそれで。割と待って麺登場。
17062300.jpg 17062301.jpg
麺は多分自家製の、中細ストレートの卵麺。ツルツルムッチリとしていて好みな感じ。スープはあっさり豚骨、具から味が出てるのかな、薬膳っぽさを微かに感じる。終盤はたっぷりの味海苔が溶け出してかなり磯の風味と甘さが強くなってきた。この味の変化は面白いな。具は味海苔の下にチャーシュー3枚半、その下に茹でモヤシと茹でレタス。あとはミズナ、煮玉子半分、ゴマとネギ。チャーシューは歯応え強め味強め、オールドタイプだが美味い。モヤシとレタスは火が通り過ぎておらず、モヤシのパリッと感、レタスのシャキッと感がなかなか面白い。量も結構あったし。最後はズズッと麺完食。
気まぐれで頼んだ割には意外と個性もあって面白い一杯でした。次はちゃんぽんかな。

ちゅるるちゅーらラーメン研究所@中間 & 麺8-34@西小倉 

今日の麺ドラは北九州方面へ。まずは数年ぶりに「ちゅるるちゅーら」へ。店に入ると……ん? 番号札が置いてある。コレを取って席で待っててとの事。というわけで4番の札を取って席へ。そこにはオーダー表のようなものが置かれている。
17061800.jpg
なるほど、人手不足のためにメニューを絞って、さらにオーダーも間違えなく取れるようにして、こういうシステムになったのか。紙を回収する順番を間違っても、番号札さえ押さえておけば提供順は間違わないし。紙代がかかるとはいえ、人手不足の中で上手に、客に不満を与えずに店を回せるシステムって感じか。実際、紙を回収してからラーメン提供まではそんなに待たなかったし。
17061801.jpg 17061802.jpg
「ちゅるチュラ魚介豚骨」、麺の硬さは柔い方から2番目の「本やわ」。細ストレートの麺はわずかに張りを残しつつモッチリとした食感が楽しい。柔とはいえ弱さやもろさは無く、ただ柔いのみならず、噛み応えに妙味がある。ホント皆さんもっと柔麺楽しみましょうよ。スープは臭みのない豚骨の優しい味わいをベースに、和風ダシが軽やかさを演出する。さらに鰹節が入った香味油、トップの柚子皮が一口ごとに味を変化させ、炙ったチャーシューの香ばしさもスープに移ってくる。具は炙りチャーシュー、モヤシ、柚子皮、ネギ。厚め大きめ焦げめのチャーシューはしっかり歯応えでホロリと崩れる。モヤシの食感もいいね。最後はスープの大半まで完食。
久しぶりの来店だけどこの店らしい美味しさを楽しめました。人手不足で苦労してるのはFacebookとかで知ってたけど、こういうシステムもわかりやすくていいんじゃないかな。会計時にくじ引きしたら餃子のタダ券いただいたんだけど、期限が今月中なんよね。使えるかな。小倉南区の方に行ってみようかな。

ちゅるるちゅーらラーメン研究所
ちゅるチュラ魚介豚骨 680円 ☆4.5
中間市東中間2-3-5 11:30~15:00&18:00~22:00 木曜定休
Facebookあり


二麺目は小倉へ。メインの狙いは小倉駅前アイム10階の「KOKURA natu-garden」に、他の人が作ってるホップの苗を見に行くことだったんだけど……探したけど見つかんなかったや(´・ω・`)。で、どっかで二麺目食べようと探したんだけど……小倉ってラーメンの相場が福岡より高い気がする。アベレージ750円だった感じ。そんな中で、いやお手頃な店もありましたよと思い出して向かったのが「麺8-34」。14時頃の店内は先客後客なし。オーダーは「しょうゆらーめん」。
17061803.jpg 17061804.jpg
麺は細ストレート、ちょい張りがある硬めの茹で加減。スープは鶏ガラベースかな、優しく柔らかい味わいで、そんな中でネギ油と醤油の風味がちょっと強め。具はホロリと崩れるチャーシュー1枚、歯応えがいいメンマ、半熟煮玉子半分も嬉しい存在。あとはミズナ、小さく刻まれたネギ、焦がしネギ。量的にも過不足無い感じ、最後はこれまたスープの大半まで完食。
特別感がある味ではないが、そこかしこに仕事の丁寧さが垣間見える一杯。ネギの切り方の細かさ、煮玉子の半熟加減、焦がしネギの丁度いい焦がし具合などなど。それだけの手間が詰まって550円ってのも有難い。次は「鶏白湯しおらーめん」いただきます。

麺8-34
しょうゆらーめん 550円 ☆4.0
北九州市小倉北区室町2-11-5 11:30~15:00&18:00~21:00(日祝11:30~18:00) 火曜定休

GOJOH@住吉 ~古を継ぐ~ 

五常ラーメン「仁」 600円 ☆4.0
福岡市博多区住吉5-18-7 11:30~15:00&18:00~24:00 月曜定休

今日のお昼は5月28日リニューアルオープンした、五右衛門釜仕込 とんこつラーメン「GOJOH」。この場所にあった「泰星ラーメン」がFBSの某番組(花束)の企画でリニューアルしたそうで。なお放送日は今月の9日と30日の予定らしい。店名の由来の「五常」は仁義礼智信の五つの教えの事。俺的には仁義礼智忠信孝悌の八徳の方が好きだけど。蓬莱学園とか。
17060600.jpg 17060601.jpg
店の入口への回廊には、右手に店の由来などのプレート、左手奥には五右衛門釜場、高熱で煮立つスープが見て取れる。店の入口から入ると右手に券売機。ラーメンメニューは五常に因んで5つ、白の「仁」ピリ辛な黒の「義」白ワンタン「礼」白チャーシュー「智」黒ワンタン「信」。ただし礼智信は売り切れランプ。ワンタン麺食べたかったなぁと思いつつ「仁」の食券購入。麺の硬さ聞かれたんで普通でお願いする。
17060602.jpg 17060603.jpg
さほど待たずに麺登場。麺は細ストレート、ムチッと感と張りがある歯ごたえがちょいと今風。ていうか最近「粉っぽい硬麺」出す店が無くなってきた気がするな。スープはサラッとした純豚骨、ほんのり甘味があるが臭みは無い。今の福岡から無くなりつつある「古い味」、いや「古の味」か。だが古臭くはなく、洗練も感じる。塩気や油っ気は控えめ。どことなく、同じように高火力のボイラーで炊く「丸幸ラーメン」を思い出す。具は今風だな、チャーシューは厚めと薄めが1枚ずつ、歯応えありつつホロリと崩れる。メンマというかタケノコのピリ辛煮は見た目よりも辛さは控えめ、歯応えとタケノコの独特の風味を楽しめる。他に口溶けがいい海苔と青ネギ。卓上にあった辛子高菜も辛さ控えめでスープと相性がいい。最後はスープの大半まで完食。
イニシエ系のスープと今風の麺と具の組み合わせ。インパクトは薄めだが「ここに来ればこんな味を楽しめる」と知ればわざわざ通う客もいるんじゃなかろうか。俺的には、まずメニューの拡張をお願いしたいかな。ワンタン麺楽しみですよ。まあ次に来れるのは、テレビに出て行列が出来てそれが大人しくなった頃だろうけど。

ゴウジャン@豊 ~平日限定豚骨麺~ 

限定豚骨らーめん+せせりめし 490+100円 ☆3.5
福岡市博多区豊2-4-36 11:30~19:30

17052300.jpg 17052301.jpg
国道3号バイパス通ってる時に「ゴウジャン」の前に「平日限定豚骨ラーメン」って掲示があったのを見たのはどんくらい前だったろう(調べてみたら去年の12月でした)。ようやく食べに来てみたよ。麺は細ストレート、ちょい硬くらいで程よい歯応え。スープは臭みのないマイルドな豚骨、ちょっと醤油ダレが強めに利いてる感じ。元ダレはデフォのラーメンと共通かも。具はチャーシュー1.5枚とネギ、至ってシンプル。だがこのチャーシューが美味い。肩ロースかな、ホロリと崩れる軟らかさと筋の部分のコリッとした感じが、この価格帯のラーメンではなかなか味わえないレベル。せせりめしは味具合とか具の量とかはいいんだけど、ちょっと乾き気味だったのが惜しい。これなら「ミニチャーシュー丼」確か200円の方がグッドチョイスかも。最後はズズッと麺完食。
「郷家」出身の店が豚骨作ったらこんな感じになるのか。麺だけならワンコイン切ってるんで選択肢としてはアリかなと思います。次は「こってりらーめん」630円かな。