油山とんこつ研究所 くまちゃんラーメン@神松寺 ~あっさりという表現は正しいか~ 

あっさりラーメン+半替玉 550+60円 ☆4.0
福岡市城南区神松寺1-22-19 11:00~21:00 火曜定休
Facebookあり

今日のお昼は「くまちゃんラーメン」。開店15分後で先客2組後客3組。店のFacebook見てたら昨日付の記事で「あっさりラーメンが人気すぎます」ってあったんで、それ狙い。店の壁に貼られたメニューには「水曜16時以降オーダー可能」みたいに書かれてたんで、ありゃ曜日限定メニューだったかなと思いつつ、一応出来ますかと聞いてみたら出来ますとのお返事。あぁ良かった。じゃあそれで。ちょっとだけ厨房見てたら、2つあるスープ鍋のうち片方から、少しずつ丁寧に一杯分の量を手鍋に移している感じ。ちょい待って麺登場。
17081700.jpg 17081701.jpg
麺は慶史謹製の細麺、ちょい硬めだが茹で足りない感じではなく、ハードなムッチリ感を内包した歯切れのいい麺。スープは……確かにこってりではないな。だがあっさりでもない気が。軽やかながらしっかりとした豚骨のコクがあり、それに負けないくらい醤油ダレの味が利いている。今風の作りではあるが、どこか懐かしさも感じる味わい。ネオクラシックとでも言おうか。具はチャーシュー2枚とネギのみと潔い。チャーシューはデフォとは違い炙りを入れておらず、ホロリと柔らかく味付けも濃すぎず薄すぎず。厚みとサイズ感もいい感じ。啜ってるうちに、このスープを一杯分の麺で終わらせるのはもったいなく感じ、半替玉を、柔麺でオーダー。
17081702.jpg
替玉は丼から店員さんがダイレクトに入れてくれる。タレやネギの追加は特になし。想像通り、いい具合にモッチリ感が増した麺は、デフォの硬さよりさらにスープの絡みがいい。次は最初から柔麺でいいなとか思いつつ、ズズッと完食。
元々リニューアル前は魚介豚骨とかも出してたんで、出せる味の幅は広いんでしょうね。デフォのラーメンとこのあっさりの対比は、家族連れとかには嬉しいんじゃないでしょうか。まだまだ懐は深そうなんで、今後の新メニューにも期待ですよ。あーでも次はミニチャーシュー丼セット食べてみたいかも。マヨかかってて美味そうだったなぁ。

ラーメンキラメキ@小郡 ~柔麺推進委員会見参~ 

豚骨キラメキラーメン+替玉 590+0円 ☆4.0
小郡市小郡553-7 11:00~15:00&17:30~22:00(土日祝11:00~22:00) 水曜定休

17072900.jpg
今日のお昼は6月オープンの新店「キラメキ」。駐車場は店の前の他にも用意されておりますよ。先日来た時には店の前で待ってた店員さんに、スープ不調で臨時休業と説明されて替玉無料券までいただいた店である。たいていの店は張り紙一枚で済ませるところをわざわざそこまでやる事に感銘し、是非早めに来てみたいと思っていたのだ。ただ、俺が興味ある「鶏醤油キラメキラーメン」は替玉不可。なので今日は「豚骨キラメキラーメン」の食券を購入。店員さんに渡し、麺の硬さは普通でお願いする。
17072901.jpg 17072902.jpg
麺は細麺、自家製麺ではないが、歯切れのいい食感の中に微かにムッチリ感を感じる、俺好みのタイプ。スープは豚骨ベースに鶏ガラ入り、底にわずかに髄も沈むほどに力強い味わいだが、鶏ガラの影響か重さは感じない。塩気や油っ気も程よく、濃厚ながら万人向けって感じかな。久留米ラーメンの食堂系と呼び戻しの両方の長所を持ち合わせた、と言うと大袈裟かもしれんけどそんな印象。具はチャーシュー2枚、キクラゲ、海苔、ネギ。チャーシューは味付け薄めでホロホロに柔らかい。海苔は歯応えが強めのタイプ。キクラゲはもうちょい量が欲しいかな。麺を食べ終えるちょっと前に無料券使って替玉コール、柔麺でお願いする。
17072903.jpg
はいジャストミート。別皿でタレをちょっと絡めて出された替玉は、モッチリ感が増しつつ決してヘナチョコにはならないタイプの柔麺だった。そしてスープの絡みがさらに良くなる。最後はスープの大半まで完食。
小郡に新星現るって感じで、期待以上に美味かった。接客応対もいい感じだし(新人っぽく拙い子もいたけど)卓上の高菜も結構美味かったし。次は「鶏醤油キラメキラーメン」を是非。

元祖久留米ラーメンさかい@笹丘 ~久留米と言ってもいろいろござんす~ 

ラーメン+替玉 600+130円 ☆3.5
福岡市中央区笹丘1-36-25 11:30~

今日のお昼は今月15日オープンの新店「さかい」。店名では元祖久留米ラーメンと謳っている。カラオケスナックを改装した小さな店はカウンターのみ7席、でも声から察するに店員さん3人いたな。券売機はこんな感じ。
17071800.jpg
シンプルよね。ちなみにネットで見かけた話では広川町の「ラーメンさかい」って店がルーツのようで、ラーメンや替玉、ごはんの価格が一致する。まあ迷うことなく「ラーメン」をチョイス。麺の硬さは普通で。
17071801.jpg
卓上にははりはり漬けと紅ショウガとおろしにんにく、ゴマとコショウも。辛子高菜はなかった。はりはり漬けポリポリ食べつつ待つ。
17071802.jpg 17071803.jpg
麺は中太麺、気持ち硬めくらいの茹で加減。スープは純豚骨かな、濃厚だがサラッとしていて、髄感は無く油っ気も溶け込んでいて、ポッテリとした甘さが強め。でも塩気は利いてるから締まりはある。なんだろうこの甘さ、久留米の中でも呼び戻し系じゃなく、むしろ老舗の……丸幸か大龍が近いかな? でもそれよりも味が強い。具はチャーシュー2枚、大判の海苔、ネギ。チャーシューは大きさは普通だがやや厚め、箸で持ちづらいくらいホロホロに柔らかく味付け強め。海苔は有明かな、かなり口溶けがいい。麺量は多くはないな。今日はハラヘリなので替玉オーダー、硬さ普通で。
17071804.jpg
替玉は別皿で出るタイプ、ネギは載ってたけどタレはかかってなかった。そして予想通り、普通の店の硬麺くらいの硬さ。胡椒をちょいと振りつつ(合う)ズズッと完食。
チャーシュー麺があと80円安いと頼んでみたいと思うんだけどな。ともあれ、地に足が付いた感がある新店、今後にも期待です。

一楽ラーメン@名島橋 ~待ってでも食べたい味~ 

皿うどん(太麺) 750円 ☆4.0
福岡市東区箱崎7-4-4 11:00~21:30 水曜定休

今日はお昼が遅くなった。香椎らへんでラーメンでもと思い「ざいとん」に行ってみるとシャッター閉まってる……わ、5分前にOSだった。そうか、中休みがある店はそろそろギリギリの時間だもんな、だったらこの辺で中休み無さそうな店……あ、名島橋の「一楽」は大丈夫かな……よし、開いてた。14時過ぎの店内は先客1人、店の隅の方で店員さんが交代でお昼を食べている。こんな時間でも常時1~2人の客が入ってる状態ってのが老舗のすごさかも。さて店の奥の方にある券売機の前に立ち、腹減ってるからラーメンにしようかなと見てると……あれ、「皿うどん(太麺)」ってのがある。しかも「中華やきそば(固麺)」ってのもあるから、こりゃ博多皿うどんタイプかも。じゃあそっちだと「皿うどん」の食券を購入。渡した後で気づく。あ、俺腹減ってるんだった。皿うどん作るのに時間がかかるじゃん……。
17071300.jpg 17071301.jpg
器は平らではなく、中華丼入れるくらいの深みがある。なのでボリューム感はある。麺は焼き目がついたちゃんぽん麺、しっかり味が絡み味を吸い、焼き目の歯応えもいい感じ。味は豚骨ベース、鼻に息を抜けば豚骨臭さも感じるくらいの濃厚さ、塩気も結構強め。具は豚肉、ゲソ、キャベツ、モヤシ、タマネギ、練り物2種。中でも面白いのはゲソ、なんでこんなサイズなんってくらいに小さいのに歯応えも風味も強いんよ。このゲソ一般販売してないかなぁ。あったら買うのに。完食する頃にはお腹いっぱい、丼の底には少々の汁気が残っていた。
「一楽」が皿うどんやってるとは知らんかったなぁ。まあ店舗によるんだろうけど。いつか機会があったら「中華やきそば(固麺)」も食べてみたいなぁ。

基峰@笹丘 ~甘い味噌ラーメン~ 

みそラーメン 630円 ☆4.0
福岡市中央区笹丘1-12-26

17062400.jpg 17062401.jpg
今日のお昼はパチ屋の1階にある老舗「基峰」。正午10分前、先客1人だが後客でほぼ席が埋まる。俺のオーダーは「みそラーメン」。平ザルであげられる中細ストレート麺は豚骨と共用、粉っぽい剛の食感を予想したが意外とモッチリ感がある今風の食感。豚骨ベースに赤味噌中心の味噌ダレをブレンドしたスープは、かなりポッテリとした甘口。味噌の甘さもあるだろうし、化調の影響もあるだろう。具のチャーシュー3枚がこれまたムッチリとした、古くささを感じさせない上質な美味さ。あとの具はネギとゴマ、シンプル仕上げ。あーこりゃ近いウチに、デフォの「ラーメン」も食べてみたくなったな。そのくらい魅力的な、イニシエと今風が入り交じった豚骨味噌ラーメンでした。