FC2ブログ

讃岐うどん よろず屋@直方 & しる商人@田川 

麺ドラ。まずは中間市の「こばやしうどん」へ向かうが……リニューアル準備中で当面休業との事。ガクー。では近くの「うどん満月」中間店へ……あれ開いてない、ていうか様子がおかしいな。調べてみたところ、7月8日をもって閉店との事。ガクー。だったら「讃岐うどん 伴」へ……駐車場埋まってる! ガクー。もう口がうどんだしなぁ。近場でうどん屋を脳内検索……直方に讃岐とどぎどぎがあるな。というわけでまずは「讃岐うどん よろず屋」へ向かう……開いてた! いそいそと店内へ。住宅地のど真ん中でセルフスタイルというこの店、以前、釜玉とぶっかけを頂いた。じゃあ今日は何か。冷やかけだな。あと鶏天も。
20071200.jpg 20071201.jpg
しっかりエッジが立った中太麺はミッチリとした、でも硬いとは感じさせない、ハード寄りの歯応え。麺線も長めで整っていて、噛みしめるほどに小麦の甘さ。透明感が高い冷すめは節系よりはイリコ寄りかな、派手な味わいではなく、しっかりと麺を引き立てる感じ。キリッと冷たいすめは夏にはいいよね。鶏天は保温ケースに密封されており、揚げ置きながら熱くサクサク。モモ肉なのでジューシーで柔らかく、サイズ感もかなりのもの。そのまま食べたり、終盤は冷たいすめに浸して食べたりしつつ、最後はすめまで完食。
すげぇ失礼な言い方ではあるが、地方都市の住宅地にある店がこれほどハイレベルな讃岐うどん出してるってのはホント驚きですよ。しかも今日のセットはワンコインだし。希望を言うなら、天ぷらの種類が増えたら嬉しいかな、ってくらい。げそ天とかかき揚げとかあったら嬉しいね。次は何を食べようかね、「明太釜バター」とか面白いかも。

讃岐うどん よろず屋
かけうどん(冷)+とり天 350+150円 ☆4.5
直方市感田2669-1 11:00~15:00 水曜定休
Facebookあり


二麺目は予定通り「しる商人」へ。5年ぶりくらいか。今週の限定は「かしわの玉子とじピリ辛らーめん」だが興味なし。「塩つけめん」か「塩まぜそば」で迷った末「塩まぜそば」をチョイス。ちょい待って麺登場。
20071202.jpg 20071203.jpg
しっかり混ぜて2枚目パシャリ。細縮れの麺は歯応え強め、口当たりは滑らかでしっかり味を絡め取る。絡むタレはゴマ油を中心にした香味油に塩気強めのタレ。「塩まぜそば」の看板に偽りなし、しっかり利いた塩気が麺の味を引き立てる。まあ少々喉が疲れるが、これほどしっかりと塩を感じるまぜそばはレアであろう。具のメンマ、糸海苔、ネギ、あとチャーシュー1枚は普通に美味い。麺量は200g、最初は底に溜まってたタレも、麺に絡めて食べ終わる頃には全く残っていない。
重ねるが「塩まぜそば」の商品名に相応しい、塩加減と味加減だったな。次は創作麺か「塩つけめん」の二択だね。

創作らーめん しる商人
塩まぜそば 680円 ☆4.0
田川市夏吉1424-5 11:00~15:00 火曜定休(祝日は営業)
Twitterあり

えびすやうどん博多@住吉 ~黄身を割ってからが本番~ 

月見とろろぶっかけ冷 660円 ☆4.5
福岡市博多区住吉2-16-8 11:30~18:00 水曜定休
HPあり

今日7月2日は「うどんの日」だそうで。というわけで今日のお昼はうどん、「えびすやうどん」へ。開店直後を狙ったつもりだったが先客も後客も多く、でも満席にはならんくらい。正午過ぎたらわからんけど。今日のオーダーは井上こんさん激推しの「月見とろろぶっかけ冷」で。うどんはある程度の人数ごとに先行茹でしてるんだろうな、さほど待たずに麺登場。
20070200.jpg 20070201.jpg
まずは麺だけ喰う。麺は平打ち太麺、ちょいと中心部が凹んでる感じで、茹で時間短縮狙いかな。これは手打ちではなく機械打ちだからこそ出来る技術かも。滑らかな口当たりで、ムチッとした色っぽい歯応え。つゆは醤油の香りは立っているが塩気は控えめ、ダシ感もあってそのまま飲める濃度。ぶっかけと冷やかけの間よりちょっとぶっかけ寄りの味かな。中盤からとろろを絡めると、ああ口当たりの滑らかさが倍増して、ここで糸海苔と青ネギの存在感が増してくる。終盤卵黄を割って絡めると爆発的にコクが増して、ああこれからが本番だ、でも麺量は既に終盤だと、名残惜しさがさらに美味さを増す。最後はつゆもとろろも残さず完食。
終盤の美味さを最初から味わえたらって、そりゃとろろ増し卵黄増しなんて贅沢になっちゃうね。でも序盤からちゃんと美味しかったから、今日の食べ方は正解かも。次は「カルビぶっかけ」を店で食べたいね。

うどん栄@春吉 ~看板変えた名店~ 

すだちの冷やし 880円 ☆3.5
福岡市中央区春吉1-6-13 11:00~20:30OS

先日「ニューえぶりお」の前を通りすがったら看板が「うどん栄」に変わっててね。どうなったんやろって気になってたら万太郎さんが訪問されてて。ああ、そういう事なんね。というわけで俺も今日行ってみた。内装は以前と変わってないかな。冷たいうどんがいいなと思い「すだちの冷やし」をオーダー。そこから麺を茹でるんでそこそこ時間はかかる。ちょい待って店主さんが「お久しぶりです」とうどんを持って来た。あ、覚えられてた。嬉しい。
20062300.jpg
うどんは平打ち太麺、自家製麺のはず。ムッチリモッチリとした歯応えで口当たりも滑らか。3本ずつくらい食べてちょうどいいくらいの長さ。すめはキンキンに冷えてて、昆布だし中心かな。塩気は控えめだがすだちの酸味が利いてて味はしっかり引き締まる。具は他に揚げ玉と白胡麻、この揚げ玉が意外と合う。揚げ方がいいのか油がいいのか、くどくはなく香ばしさとコクが立っている感じ。麺量も十分、最後はすめの半分以上まで完食。
食後店主さんとちょいお話しさせてもらう。こういうご時世に合った営業形態を考えて、夜も名物のお通しも一旦止めて営業してるって。いずれ「えぶりお」に戻すかどうかはこれから次第のよう。そっかぁ、また近いウチに、次は夜に来てみたいねぇ。
20062301.jpg
(このメニュー表は万太郎さんトコからの転載です。)
すだちの冷やし、600円かと思ったら800円だった。しかも880円だった。でも美味しかったよ。

練り込みうどん 権@志免 ~珍品なれど逸品~ 

キーマカレー(小ライス付) 770円 ☆4.0
糟屋郡志免町南里34-4 11:30~15:30OS&18:00~20:30OS 木曜定休&不定休
twitterあり

今日のお昼は「権」、数年ぶりになるな。現在は期間限定メニューは特に無く、レギュラーメニューのみの提供。っつってもメニュー増えたか? ってくらいにズラリと並んでいる。とはいえこの店で俺が選ぶのは「小海老かきあげ」か「キーマカレー」。今日は後者で。麺が細いんで、そんなに長くは待たず麺登場。
20060600.jpg
麺は裏打会の中でも細めかな、一度締めて温め直してるのか、ムッチリとした歯応えで引っ張ってもなかなか切れない。そんな麺に絡むキーマカレーは、スパイス利いてるけどそんなに辛くはない。挽肉と細かく刻んだ野菜がたっぷりで、やっぱカレーっていいよなぁと実感。中盤で卵黄を潰すと、コクある甘さが加わって一層の美味。具はシメジとカボチャとナスの天ぷら、カレーに絡めてもいいんだけど、ここは徳利に入ったすめをかけて、うどん屋らしく味わう。さらにすめを追加、和風カレーっぽい味変も楽しむ。ちょっとうどん少なめかな、麺を食べ終わったら、
20060601.jpg
小ライスの八割はカレーに投下、残り二割にはすめを注いでサラサラ出汁茶漬け。コッテリとサッパリを両方楽しむ。あ、前回食べた時はお玉しかついてなくて、カレーライスが食べづらかったけど、今日はカレー用スプーンもついてたんで食べやすかったです~。辛さは控えめだったけど、全部食べ終わる頃には口の中ちょいとピリピリやね。
カレーうどんは数多あれど、これほどいろいろ楽しめるカレーうどんは珍しかろうなのだ。次は夏に「冷やかけ」かな、今年も出るといいな。

三井うどん店@小郡 & 久留米らーめん道 麺志@久留米 

今日の麺ドラは筑後方面、まずは小郡の「三井うどん店」へ。開店10分後、トイメンの大砲ラーメンには店外まで行列が並ぶがこちらは先客ゼロ、後客2組。さて食券を購入、予定通り「小えび天うどん」をチョイス。新メニューっぽい「するめうどん」や「鯛ロールうどん」も気になるけどな。「小えび天うどん」は10匹くらい殻付き素揚げっぽいAと、4匹衣付きのBから選べるが、Bをチョイス。注文後に揚げるのでやや待って麺登場。
20052400.jpg 20052401.jpg
麺は秋月の製麺所から仕入れる茹で麺、エッジが立った平打ち太麺で、表層はプリッと感、芯はフワッと感。柔いけど弱いではない。この辺、同じ茹で麺でもいろいろあって面白い。すめは超透明感、味的にはちょい甘め、昆布中心なのか特に際立った味は無いが、逆に不足感も全く無い。揚げたて海老天はプリプリッとした海老とサックリとした衣、油っぽさはあるが重さは無い。最後まですめに浸してた4匹目も、衣に微かにサックリ感が残っていた。最後はすめの大半まで完食。麺の量も結構あったな。
気になってたメニューを食べられて良かった良かった。次は「鯛ロールうどん」かな、でもそろそろ暑くなってきたから「まぜ・肉うどん」かな。

三井うどん店
小えび天うどんB 500円 ☆4.0
小郡市井上1027-5 11:00~15:00 不定休(次の休みは5月27日(水))


二麺目は久留米へ。商店街近くの90分100円のコインパークに車を入れて街を歩く。人通りは8割減ってるかもな、福岡第3の都市でコレだもんなぁ。さて狙ってた「中華うどん一平」は外まで待ちがいたから恐らく密だろう。というわけで西鉄久留米駅方面に歩き、たまたま店外に出てきた店主さんの威勢の良さを買って「麺志」をチョイス、デフォメニューの「らーめん道」をチョイス。麺の硬さは普通で。ああ自家製麺だからヤワでも良かったなぁ。
20052402.jpg 20052403.jpg
麺は福岡産ラー麦100%の自家製麺、久留米っぽい中細麺だが加水率高めっぽく細さの割りにはプリプリッとした歯応えが面白い。スープは純豚骨、微かに臭みも残しつつしっかりコク深く、塩気も強めに利いていてどことなくクラシカルな味わい。具はチャーシュー、海苔、ネギと至ってシンプル。チャーシューはバラ肉かな、ホロリと柔らかく脂身はトロリ、味付けしっかりで小さいけど存在感がある。最後は具の欠片まで完食。
店主さんも店員さんもよく声が出てて頑張ってる感があった。頑張って欲しいな。ちなみに味噌ラーメンを扱う2号店が出来たそうだが、日曜定休なんで行けなそう。残念。

久留米らーめん道 麺志
らーめん道 600円 ☆3.5
久留米市東町39-2 11:00~15:00&18:00~22:00
Twitterあり