FC2ブログ

萬田うどん@薬院 ~今日は無かった~ 

豚バラと白菜出汁のおいしいうどん 750円 ☆4.0
福岡市中央区薬院2-13-33 11:30~15:00OS&17:30~22:00OS 火曜・第1第3水曜定休
Instagramあり

今日のお昼は「萬田うどん」。普段は定休日の火曜日の特別営業なので客も少なかろうと来てみたが、開店5分前には10人以上の待ちの列。すげぇなネット社会。開店したらカウンター席へ。狙いの「中トロの葱鮪うどん」をオーダーするも「今日のお昼は出せない」との事。なぁんてこったい! 来秋は出たらすぐに喰いに来るぞと心に誓い、「豚バラと白菜出汁のおいしいうどん」をオーダー。そんなに待たずに麺登場。
20122900.jpg 20122901.jpg
麺はエッジが立った細麺、裏打会にしても異質の透明感。以前は見た目通り弱さがあった記憶があるが、今日のは噛むほどに抵抗感が強まり、芯まで来るとプツッと切れる歯切れの良さ、かなり独特の食感。いいねコレ。スープはクセのない和風ダシに豚バラの油と白菜の出汁、あとちょっとピリ辛が加わって飽きが来ない。具は豚バラと白菜、肉質の歯応えが強い豚肉とシャキシャキ感の白菜は量もたっぷりめ。最後は具の欠片まで完食。
メニュー名からして某店を意識してるだろうけど、いやいや某店より美味しいかもしれませんよ? 季節限定メニューは「鴨南うどん」などの構えがあるようで、行列が出来なそうな日に狙ってみたいかな。
20122902.jpg 20122903.jpg

さて。麺喰いと麺にゅーす(最近は開店休業中)と酒飲みと時々落語のブログ「俺コレ! ~俺を信じてコレを喰え~」、今年はこれにてお仕舞い。今年一年のご愛顧に感謝申し上げます。皆様、お身体にはお気を付けて(今年は特に!)、良い年越しを。では。

麺屋一期@水巻 & ぎょらん亭@魚町 

今日の麺ドラは北九州方面。まず向かったのは水巻町の「麺屋一期」。豊前裏打会の経験者の方が今年オープンした(らしい)新店。前回来た時はほぼ満席だったが(かなり席間に余裕を持たせている)、今日はお席に若干の余裕がございます。さて今日のオーダーはこの店のオリジナルメニュー「炙り肉チーズうどん」。やや待って麺登場。
20121300.jpg 20121301.jpg
エッジが立った麺は細め、歯応えというか抵抗感はあるがさほど強くはなく、でもしなやかで粘り腰がある感じ。すめは節系中心に複雑な味わい、ダシ感強めで塩気は控えめ。具は細切りのゴボウが入った牛肉にチーズを載せてバーナーで炙って、粗挽きブラックペッパーとネギを振った感じか。肉は気持ち甘めだが甘すぎず、脂身も程よく入っている。そこにチーズのコク、炙りで香ばしさも加わり、これが意外と和風ダシに合うのが面白い。ブラックペッパーで味が引き締まってるのもいいんだろうな。麺量に対して肉の量もいい感じ。最後は具の欠片まで完食。
個性的な麺は大好物ですよ俺。もちろん麺とすめがちゃんと美味しいからこその味わい。というわけで唐突ですが「コレ of the year」略して「今コレ!'20」、うどん部門は「麺屋一期」とさせて頂きたいと思います~。今後も個性的なメニューに期待です。

麺屋一期
炙り肉チーズうどん 720円 ☆4.0
遠賀郡水巻町梅ノ木団地41-5 6:30~15:00 火曜定休


二麺目は豚骨がいいな、それもドッシリとしたヤーツ。というわけで来ました「ぎょらん亭」魚町店。HPを見るにここは本店直轄っぽいので「どろラーメン」があるかなと期待してたら、うん、あった。というわけで券売機で食券購入。カウンター席のみの店内へ。麺の硬さは普通でお願いする。さほど待たず麺登場。
20121302.jpg 20121303.jpg
以前の「どろ」はナチュラル泡だった気がするが、今日はブレンダー使ってるな。まあ美味しければ良かろうなのだ。麺は細ストレート、ムチッと感がある密度を感じる歯応え。スープはまあ甘い。濃度を高めた豚骨はここまで甘くなるのかってくらい甘くてコクが強い。元ダレも弱めなのかな。そして粘度が高く麺にガッツリ絡んでくる。具の大きなチャーシューも味付け甘め、歯応えありつつホロリと柔らかくて存在感が強い。さらにキクラゲの歯応え、ネギの風味、追い背脂とみんな存在感が強い。個性のぶつかり合いのような一杯。最後は具の欠片まで完食。
なかなかここまでクセが強い豚骨もないよね。期待通り、いや期待を超える一杯でした。また身体が欲した頃に来たいな(本店は駐車場どこ停めていいかわかんないんだよなぁ)。

ぎょらん亭 魚町店
どろラーメン 750円 ☆4.5
北九州市小倉北区魚町3-2-17 11:00~24:00
HPあり


その後、商店街や旦過市場を散策。昔来た店が無くなってたり、旦過市場のぬか炊きの店で豚足、豚軟骨、手羽先のぬか炊きを見かけたり(買えば良かったな)。
20121304.jpg
旦過市場の蕎麦屋さん。調べたら2013年オープンだった。
20121305.jpg
魚町のテールラーメン屋。ああこりゃ来てみたいな、蕎麦屋とセットで来てみるかな。

なか卯@小田部 ~もったいないお化け登場~ 

新カレーうどん追いごはん付き+こだわり卵 690+0円 ☆3.5
福岡市早良区小田部3-12-26 24時間営業
HPあり

こないだ来た時にもらった「こだわり卵無料券」の使用期限が今月末。そういや卵が似合う新メニューも出てたな。というわけで今日のお昼は「なか卯」。正午過ぎにしては客足が少ないな、やっぱ飲食は苦労してるんだな。さて狙いの新メニューは「新カレーうどん」。単品でも良かったがせっかくなので追いごはん付きで。水樹奈々のなか卯ラジオを聞きながら待ってたらさほど待たず麺登場。
20112600.jpg 20112601.jpg
まずは卵をナチュラルエッグセパレーター(殻)で白身と黄身に分け、白身はごはんに混ぜ込んでほんのり熱を通す。からの、うどん。冷凍でしょうね、ムチッと感がある歯ごたえでカレーに負けない存在感。カレーはダシが利いてて辛さ控えめの、いわゆる「蕎麦屋のカレー」。スパイス感は薄めかな。具は豚バラ肉、お揚げ、白ネギが煮込んだのと生と。豚肉はたっぷりで嬉しいね。お揚げはふっくらしてて歯ごたえもあり、煮込んだ白ネギはトロトロとシャキシャキの間くらい。カレーが跳ねないように気をつけて麺完食、その後は
20112602.jpg
カレーにごはんと黄身を投入。ここに来てさらに豚肉が存在感。黄身の濃厚なコクも合うね。最後は米粒までしっかり完食。
チェーン店ならではの安定感、多彩な期間限定メニュー、やっぱ「なか卯」いいよねぇ。あと気になってるのはあんかけの「黄金の親子丼」、これも試してみたいなぁ(麺セットじゃないとブログには載らないけど)。

麺屋一期@水巻 & ぎょらん亭@中間 

今日の麺ドラは北九州方面。まあ北九州市には入らないけど。一麺目は今年オープンした新店「麺屋一期」。店内はかなり席数を減らして広々とした印象。早朝から営業して朝メニューも充実している。今日の俺のオーダーは「かき揚げぶっかけ」を冷で。頼んでちょっとして、そういやフリーペーパーで推されてたのは「炙り肉チーズうどん」だった事を思い出す。しまった、ぬかった。注文時にお時間頂きますと言われたが、さほど待たず麺登場。
20112200.jpg 20112201.jpg
むぅ、このかき揚げは「大地のうどん」と同じヤーツだ。閉店した裏打会の店と関わりがあるとどっかで見た記憶があるな。つゆをちょいちょいかけながら麺を啜る。透明感のある細麺、いくら引っ張っても千切れない粘り腰、細さの割にはしっかりとした歯応え。つゆは甘辛程よくちょっと甘め寄り。薬味は糸海苔がたっぷりめで嬉しい。かき揚げはサックリとしていて中までしっかり油が通っていて全体的に美味い、が、海老天は先に揚げてたのを載っけてくっつけたんだろうね、衣が柔め、惜しい。中盤でカボスを搾ると爽快感が加わりさらに箸が進む。最後はかき揚げの欠片まで完食。
あえてちょっちゅ言うならかき揚げの暴力的なボリューム感に対してうどんが少なく感じる事くらいかな。あと海老天。でもしっかり美味かったです。次は寒くなった頃に「炙り肉チーズうどん」を是非。

麺屋一期
かき揚げぶっかけ冷 690円 ☆4.5
遠賀郡水巻町梅ノ木団地41-5 6:30~15:00 火曜定休


二麺目は豚骨がいいなと思い、選んだのは「ぎょらん亭」中間店。1台分だけ空いてた駐車場に車を放り込む。選んだのは「濃厚十割ラーメン」。ガツンと行こうじゃないかね。こちらもさほど待たず麺登場。
20112202.jpg 20112203.jpg
麺の硬さは普通でオーダーしたが、気持ち硬めかなぁくらいの細麺。とはいえ芯もなくしっかり熱が通っている。スープは濃厚、まあ濃厚言いましてもいろいろタイプがあるけど、こちらはコラーゲンと油っ気が強めな感じ。食後は唇ペタペタだし。だが丼の底からスープを掬えば髄も微かに沈んでいるし、いろいろ複雑な要素があるんでしょうなぁ。チャーシューはバラ肉2枚、歯応え強めで肉汁を感じられる。キクラゲはたっぷりなのが嬉しい。麺量は多くはないが不足も感じないくらい。最後はキクラゲの欠片まで完食。
濃厚な割に、後味がそんなに重くないのが面白い(唇はペタペタだけど)。まあ重くはないけど油っ気は結構残ったね。次は本店筋で久しぶりに「どろ」に挑んでみたいカモ。

ぎょらん亭 中間店
濃厚十割ラーメン 660円 ☆4.0
中間市岩瀬西町63-8

うどん日和@六本松、夜は落語まつり2日目 

山月見ぶっかけ(冷)+ちくわ天 680+150円 ☆4.0
福岡市中央区六本松4-4-12 11:30~15:00&17:30~21:00(土日祝は昼のみ) 火曜定休(祝日は翌日振替)

今日のお昼は「うどん日和」。11:30開店のはずだが、その時間には既に店内でうどんを食べてる人が多数。何時オープンやねん。まあ他者に嫉妬しても仕方ない、オーダーは、昨夜の酒が残ってる感があるので滑らかに啜れる「山月見ぶっかけ(冷)」に、何を思ったか「ちくわ天」を追加で。胃が疲れてるのに天ぷらかよ。さほど待たずに麺登場。
20110100.jpg 20110101.jpg
麺はエッジが立った中太、つゆを注いで麺を二本ずつ引っ張り出して食べると、硬いとは感じないムッチリ感。芯に強さも弱さも感じない、均一感のある心地よい歯応え。そこに甘辛程よいつゆと、ネギや糸海苔の薬味が絡んでくる。いいねぇいいねぇ。半分弱くらい食べた後で、温玉を割って山かけや天かすと共に麺にしっかりかき混ぜる。なめらかさとコクが増して、うどんの方から「いいですか? 行っちゃいますよ?」って感じで食道を通って胃に飛び込んでくると錯覚するほど。ああ、いいよこの食べ方、二日酔いなんざ関係ねえ!
20110102.jpg
そこに来てこのちくわ天ですよ。下味付けた大ぶりのちくわの天ぷら、これがまあ、練り物の天ぷらってなんでこんなに美味いんだよってな感じの美味さ。つゆで良し、塩で良し。うどんに絡めて良し、単体で良し。大正解だよこのオーダー。一つだけ難を言うなら、メニュー表の写真撮り忘れてちくわ天の値段が定かでない事(笑)。(後日追記:価格修正しました。)
いやぁ久々の来店だけど、海老アボカドに頼らずとも素材そのものが上出来だねぇ。今度は温うどん頼んでみたいな。

夜は「博多天神落語まつり」2日目「鯉昇さんを囲んで」。演目紹介。
桃月庵白酒 真田小僧
柳家喬太郎 小言幸兵衛
立川談春 白井権八
瀧川鯉昇 味噌蔵
喬太郎さんはWOWOW収録を活用して、談春さんは笑い無しで、まあやりたい放題でした(笑)。味噌蔵の酔っぱらい連中もべろんべろんで良かったなぁ。ではまた明日。