博多わいわい亭@博多駅南 ~牛のチカラ~ 

肉うどん 660円 ☆3.5
福岡市博多区博多駅南2-3-2 11:00~23:00

今日のお昼は「博多わいわい亭」。開店当初は「肉ちゃんうどん」博多駅南2号店だったんだけど、いつの間にか屋号が変わってた。理由はこれかな。
17040400.jpg
スープに牛骨を使ってるんですって。さて、20人ちょっと入りそうな店内は、先客ゼロ、後客は10数人くらい。
17040401.jpg
うどんはこんな感じ。他に定食があったり、夜メニューが手厚かったりする。俺のオーダーはまあ迷わずに「肉うどん」。ネギと生姜は入れていいですか、と聞いてくれるあたり嬉しいね。
17040402.jpg
待ってる間に、ダシ殻の昆布とシイタケの佃煮、モヤシなどのナムルをつついて待つ。2回目取ってきたのの半分くらい食べたあたりで麺登場。
17040403.jpg 17040404.jpg
エッジの立った細めの麺は、冷凍麺っぽいポニュッと食感。スープは……うーむ、牛骨はわからんなぁ。コクは深い気がするが、醤油の風味が前に立った「小倉肉うどん」らしい味わい。だんだん溶け出してくる生姜の風味もらしさを加速する。肉は和牛を使ってるそうで、まあ柔らかさが尋常ではない。肉質の部分もホロホロと繊維が解けるように崩れていく。脂の味もしっかりしながらも上品。途中で店のオススメの食べ方通り、あらびき唐辛子をちょっと入れたり、黒酢を数滴入れたり、ブレンド香辛料を入れてみたり……あ、この香辛料面白い。山椒や八角などが入ってるようで、味わいにエスニックっぽい感じが加わる。こういう味の肉うどんも面白いな。ブレンド香辛料をちょいちょい加えつつ、ズズッと麺完食。
「小倉肉うどん」の他店と比べても、肉が美味いね。あとブレンド香辛料が面白い。機会があれば一度、肉抜き生姜抜きにしてスープの味を確かめてみたいかも。

国分寺甚五郎@うどんパラダイス福岡 ~憧れの武蔵野うどん~ 

肉付けうどん 750円 ☆4.0
うどんパラダイス福岡(福岡市役所前ふれあい広場)
HPあり

17032500.jpg
今日も今日とて「うどんパラダイス福岡」へ。やや寒いからか、ちょいと客足はよろしくない感じ。今日選んだのは「国分寺甚五郎」、一度は食べてみたかったご当地うどん「武蔵野うどん」の店である。お店を休んでまで、よくぞ福岡に来てくれました。さて数人の行列に並んで待ってる間に、運営の仕事をしている「昨日の飲み会の参加者」と会ったり、なんとなくこっちかなと選んだ席の隣のテーブルに「昨日の飲み会の参加者」2人がいたりして、なんというか人の縁の綾のようなものを感じる。あるいはスタンド使いのように「麺好きは引かれ合う」ってヤツなのか。
17032501.jpg 17032502.jpg
麺が多いよ。多分、満腹感では今回の参加店の中でトップ。ちなみに大盛を頼むと「つけ汁が入った器を外して、そこにまで麺が山盛り」になる様子。やや冷たく締めた麺は地粉を使った生成り色、幅こそほぼ一定だが厚みにむっちゃムラがあり、牧のうどんの硬麺チックな部分からきしめんチックな部分まで、多種多様な食感を楽しめる。ちょいとゴリッとした部分はあるが、茹で足りなさは感じなかった。一方つけ汁は節系と醤油がキリッと光り、そのまま飲むにはちとキツいくらいに塩気が利いている。たっぷりの量なので冷めにくいのも嬉しいところ。具は豚バラ肉、シイタケ、ネギなど。豚肉がいいね、余裕があれば肉大盛にしたかったかも。食感とも相まって、完食する頃には相当の満足感。
これが武蔵野のデフォルトかどうかはわからんけど、福岡じゃまず味わえないうどん、ご馳走様でした。また機会があったら、百貨店の物産展とかで来て下さいね~。

クボ長介@うどんパラダイス福岡 ~ラムカレー初体験~ 

ラムカレーうどん 750円 ☆4.0
うどんパラダイス福岡(福岡市役所前ふれあい広場)

去年の秋に開催されず、福岡のラーメンファンを悲しみのズンドコに(違~う)突き落とした「福岡ラーメンショー」。それが今年の春に「福岡麺博2017」と形を改めて開催。前半は「うどんパラダイス福岡」、後半は「福岡ラーメンショー2017」と2部構成。俺は2日目からの参戦。11時半頃に会場に着いてみると、まあ流石に行列も1,2ヶ所しかなく、静かなものである。食券を購入して俺が向かったのは「二○加屋長介×侍.うどん」のブース。だが今日限定で「侍.うどん」ではなく「クボカリー」とのコラボ「クボ長介」として「ラムカレーうどん」を提供中。楽しみやなぁ。ちなみに俺がいる時間帯で一番行列が長かったのがここだった。調理中、「パクチー入れていいですか」「辛さどうしますか」とか聞いてくれるのも嬉しいところ、パクチーはもちろん、辛さはオススメの辛さでお願いしてみた。
17032300.jpg 17032301.jpg
さほど待たずに出てきたが、細めでちょいぐねったうどんはエッジが立っていて、ムッチリ感がしっかり生きている。開催前はうどんの質と待ち時間の問題を心配してたけど、これなら十分満足出来るレベル。すめは和風ダシを張った上にラムカレー、そして追加の辛味油って感じみたい。和風ダシだけ啜れば力強い節系の風味、これはカレー風味が強くなってもしっかり土台になっていた。カレーの辛さはさほどでもなく、複雑に入り交じったスパイスの風味が辛さとは違った刺激を与える。具はラム肉、細切りのパプリカと生姜、パクチーとレモン。ホロホロに崩れるラム肉は、牛とも豚とも鶏とも違ったクセのない肉の味。脂身かスジかもあるが、トロリと溶ける柔らかさ。中盤にレモンを搾ると、パクチーとも相まってエスニック感が増してくる。ジワジワ増す辛さを楽しみつつ、最後はすめまで完食。
カレー好きな方の間でも名店と名高い「クボカリー」の味を、うどんで楽しめたのは実に有難い。難点はまあ、値段の割に量が少なめで満足感がちょっと足りないかな。とはいえ味は大満足。さて、明日以降はどこのうどんを食べようかな?

宇どんヤ かまわん@春吉 ~典型的で上出来な~ 

温かけうどん+ごぼう 450+200円 ☆4.0
福岡市中央区春吉3-21-30 11:00~翌4:00 不定休

今日のお昼は今年1月からランチ営業を始めた「かまわん」。「うどん大學@赤坂」の2号店だそうで。お昼は女性店員さん2人で回してる感じかな。うどんメニューと並んで、昼飲み用の厳選メニューも置いてある。まあ俺は飲みではないので、普通にうどんメニューから「温かけうどん」と「ごぼう」をオーダー。
17030200.jpg 17030201.jpg
見た目はごく普通な感じやね。うどんはちょい細め、しっかりエッジが立っているが歯を入れれば結構な柔麺。だが弱さは皆無、言うなれば「活きのいい柔麺」。透明度の高いすめは、まあびっくりの出汁感の強さ。雑節系とか煮干し類とか、いろいろ贅沢に使ってそうな味わい。塩気は控えめだがそれが気にならないくらい出汁が利いている。ごぼう天は皮付き斜め切りを1枚ずつ揚げてあって、それが20枚以上。衣はサックリ、ゴボウはザックリ、土の風味と香ばしさが口に広がる。軽く塩を振ってあるのかな、それだけで食べてもしっかり美味い。2枚くらいニンジンが混じってた気がするのだが、あまりに薄いスライスだったためニンジンと確認は出来ず(笑)。途中まではうどんと別々に、終盤はすめに浸して、最後はすめまで完食。
見た目は普通の博多うどんだが、味はそれぞれにハイレベル。次は冷たいメニューかな、あるいは夜飲みでも来てみたいかな。ちくわ天無料券もらったしね。

ぷち麺にゅーす
・「餃子の王将」一部店舗で3月いっぱい、熊本地震復興応援メニュー「春の野菜煮込みラーメン」発売中。代金のうち30円を義援金とするそうで。
・一方「大阪王将」では3月いっぱい「極上フカヒレらーめん」980円が発売中。ポスターに気仙沼のフカヒレ業者の写真も載ってたんで、ゼラチンとかじゃなくてホンモノのフカヒレみたいですよ。
中央区平尾2-2-20(「まるげん」の一つ北側のビル)に大きな麺の看板が。曰く「1995年 旧福岡ドームでエランサランとして誕生し、ももち・薬院の和人傳、今泉のナーナを経て10年ぶりにあの味が平尾で復活です」。亜細亜麺厨房na-na、ランチメニューはこんな感じ。
17030202.jpg
・キャナルシティのラーメンスタジアム、1月に行ったっきりだったけど、「ホウテン」「金田家」「山頭火」が2月末に卒業してて、「㐂蔵」が15日卒業予定。跡に入る店の一つが「大明担担麺」、3月下旬オープン予定。またツイッターで「㐂蔵はブランド変更だそうです」という話を聞いたが、㐂蔵の関係ブランドって……「ちばき屋」しかなくない?
・地下鉄&JR姪浜駅の下、えきマチ1丁目姪浜の中に「肉ちゃんうどん」姪浜店が3月15日オープン予定。どうやら小倉肉うどん屋とから揚げ専門店が併設するみたい。営業時間は共に10:00~21:00。なお3月いっぱいはうどんオーダーでドリンク1杯プレゼント。

らーめん義麺@八女 & 土俵うどん@大木 

今日の麺ドラは筑後方面。まずは八女の某蕎麦屋に向かうが……雛祭り系のイベントやってるようで店の前は通行止め、近隣の駐車場は超満車。ガクー。さてどうしようかと考え、八女のどこかで豚骨食べようかなと、確かこの辺に新しめの店があったなと向かってみたら……あった。というわけで一麺目は「義麺」。ログハウス風の店内にオサレな音楽が流れている。麺メニューは「らーめん」「チャーシューめん」と極めてシンプル、アレンジとして「レモンラーメン」と「野菜ラーメン」がある。うーむ、どうしよう……よし、思い切って「レモンラーメン」行ってみよう。麺の硬さは普通でお願いする。
17021900.jpg 17021901.jpg
麺は細ストレート、ちょいと加水率高めっぽい、ムッチリ感がある歯ごたえ。スープはクセのない豚骨、濃厚さも程よく食べやすい印象。そして一口目から微かにレモンの風味が感じられ、それは一口ごとに強くなっていく。それだけだとやや単調になりそうだが、ブラックペッパーがいい具合に味を引き締める。チャーシュー2枚は周辺部はしっかりとした歯応えで、全体的にはホロリと崩れる柔らかさ。ネギもフレッシュでいい感じ。
うん、面白いんじゃないかな。レモンラーメンとしてちゃんと形になっている感じ。ただ、今度来る機会があれば、その時は普通の「らーめん」食べてみたいかな。

らーめん義麺
レモンラーメン 650円 ☆3.5
八女市馬場54-6 11:30~23:00OS 水曜定休


二麺目は予定通り大木町に移動。今日は「道の駅おおき」にキノコを買いに行くという目的もあったのだ。正午ちょい過ぎ、辿り着いたは「土俵うどん」。今日は待ちもなくすんなり席に通される。おや、新メニューがあるな。15時以降の鍋焼うどん、14時以降のもつ鍋焼きうどん(この時間差は何なんだろう)、そして「牛すじ入りぶっかけうどん」620円。この店にしては高額、面白そう。だが今日は予定通り「牛カレーうどん」をオーダー。さほど待たずに麺登場。
17021902.jpg 17021903.jpg
うわ、予想外のフルあんかけ。麺はいつも通りの極太、表面ふわっとしつつ芯にはムッチリ感が力強い。麺に絡みつくのは、最後の最後まで粘度を失わない超あんかけのすめ。和風ダシにカレー粉かルーを溶いたタイプかな、スパイスは利いてるけど辛さはごく柔らか。具は上に載ってるの以外は全く入っていない。なるほど、この極太の麺に対抗するには、この強すぎる程の粘度が必要なんだな。上に載ってるのは肉うどんの具かな、牛肉とタマネギ。これらがかなり甘めで、ある意味いい箸休めになる。麺を食べ終わる頃にはすめも大半がなくなっているが、残ったすめまできっちり完食。
麺が個性的な「土俵うどん」ではあるが、カレーうどんも極めて個性的でした。次は夏頃に「牛すじ入りぶっかけうどん」かな。

土俵うどん
牛カレーうどん 480円 ☆4.0
三潴郡大木町奥牟田604-6 10:30~21:00 木曜定休(祝日は営業)