FC2ブログ

肉うどん 直 & 石田一龍 本店 @小倉南 

今日の麺ドラは小倉南区へ。まずはどぎどぎうどんの新店として去年オープンした「肉うどん 直」へ。早仕舞いもある店だそうで、開いてて良かった。ただ、天ぷらは品切れだったし、数種類ある糠漬けもスカスカではあった。オーダーは「肉うどん小」。さほど待たずに麺登場。
18101400.jpg 18101401.jpg
麺は細め、提供時間から考えて冷凍麺かな。わずかにエッジも立ってて、ムチッとした食感は好み。すめはコンブとイリコがベースだそうで、甘さ控えめで醤油が利いたスッキリ風味、それでいてコク深い。あまり肉の影響を受けておらず、むしろ肉に負けないドッシリとした味わいを感じる。これが細めのうどんと相性がいいのだ。肉はほほ肉だそうで、ホロホロと柔らかく、脂身部分も重くなく、量的にも十分。途中でショウガ(塊から自分ですりおろすタイプ)も入れたが、甘さ控えめのこのすめにはショウガは不要な気もする。最後はすめの大半まで完食。
ああ、どぎどぎうどんの中でもこの店は俺的にツボかも。どぎどぎの王道から外れてる気もするけど。次はもうちょい早めの時間に、天ぷらも楽しみたいなぁ。

肉うどん 直
肉うどん小 600円 ☆4.5
北九州市小倉南区横代北町1-4-36 6:00~13:00(日祝8:00~13:00) 水木定休


二軒目。どこ行こうかなとか考えてたら、そういや近くに「石田一龍本店」があるのを思い出す。人気店だから入れなかったら仕方ないかと思いつつ行ってみると駐車場が2台分空いてた。ラッキー。店に入り、前回売り切れてた「屋台ラーメン」の食券を購入。麺の硬さ聞かれたんで柔麺でお願いする。待ってる間に感じたのは、接客マニュアルがしっかりしてるなぁと。必要に応じて誰もが同じ動きが出来るようになってる感じ。声出しも元気いいし。とか見てたら麺登場。
18101402.jpg 18101403.jpg
麺はええっと、普通くらいの茹で加減。芯にわずかにコリッと感が残ってるくらい。スープは純豚骨かな、クリーミーでマイルドな味わい。ただちょっと塩気が薄めで味が間延びした感がある。具のチャーシューは3枚、バラ肉を巻いたモノをバーナーで炙ってるようで、香ばしい味わいと程よい歯応え、これはいいね。他にネギとキクラゲ。
んー、「濃厚ラーメン」に比べると個性が薄いのと、柔麺が柔麺じゃなかったのが残念。とはいえ店のレベルの高さは感じました。次は「濃厚ラーメン」を、いっそバリカタにしてみるかね。

石田一龍 本店
屋台ラーメン 620円 ☆3.0
北九州市小倉南区下石田1-4-1 11:00~16:00&18:00~21:00 無休

丸天うどん専門店 万平@東那珂、そして夜はベトナム会 

玉子丼セット(里芋と柚子皮丸天) 800円 ☆4.5
福岡市博多区東那珂1-14-46 11:00~20:00 無休

今日のお昼は「万平」、七隈からここに移転してからは初の来店。今日は割と冷え込んでるので、普通の丸天うどんでいいかなとも思っていたのだが、今夜はちょいと遅めの時間からの飲み会。となれば丼モノを食べるのもやぶさかではない。和食職人の技を駆使するために丸天うどん専門店を選んだ店だぜ、丼モノもさぞや美味しい事だろう。というわけで「玉子丼セット」をチョイス、丸天は10月限定「里芋と柚子皮丸天」で。
18101100.jpg 18101101.jpg
移転を機に「ほり野」で学んで自家製麺に切り替えたという麺は平打ち太麺、これが厚さは薄めなのにモッチリ感がハンパない。そして平打ち麺ならではの口当たりのピチピチ感、さらに麺線の長さもあり、かなりの食べ応え。この麺はいいよ。対するすめはカツオ昆布ベースかな、濃厚とまではいわないがしっかり味が利いている。塩は不使用だそうだが、ダシの利き具合、そして揚げたての丸天から出る油っ気のおかげか、締まりのなさは感じない。そして丸天、エソのすり身と泡立てた卵白で作り、一旦蒸して、注文後に揚げるという手法。これがもう、表面の張りの奥にホントにフワッフワの歯応え、具無しでも行けるよコレ。酒のアテにもなりそう。そして具の里芋のホクッと感、黄柚子の皮の香り高さ、素晴らしい。あと玉子丼もセットとして丁度いいサイズ感、フンワリながら生っぽさはない玉子、具はタマネギとカイワレか、ごはんとの相性ももちろん良く、汁気もつゆだくではない丁度良さ。予想通り美味かった。
以前よりさらにレベルアップしたかな、これは福岡のうどんを代表する店の一つと言っても過言では無いかもしれない。ただそれだけに心配なのが、店の広さに対する客足の少なさ。みんなもっとこの店に来ようぜ!(←移転以来初来店の人間の発言ではない)

夜は飲み会さ。
続きを読む

うどん和尾@高宮 ~規格外だらけの新店~ 

牛テールうどん 756円 ☆4.0
福岡市南区高宮1-3-29

今日のお昼はとりにくさんのインスタで見た新店「和尾(わび)」。牛テールうどんと牛テールカレーの二本柱の店で一昨日オープンしたっぽい。空間に余裕を持たせた店内はカウンター5席と4人掛けテーブル2卓、今は開店祝いの花を置いてある壁向きカウンターがそのうち客席になりそう、7席くらい取れそうかな。もちろん俺のオーダーは「牛テールうどん」、オプションがいくつかついてるけど全部デフォでお願いする。新店だから待たされるかなぁとか思ってたけど意外と早めに麺登場。
18100900.jpg 18100901.jpg
麺は細麺、提供時間から見て冷凍麺かな。そして麺がもう1種類、なんと葛切りが入っている。こんなん初めてやで。うどん4に葛切り1くらいの割合かな、ムチプリッとしたうどんにモチッとした葛切りの食感の対比が面白い。スープはテールスープでしょうな、味的には派手さよりも深みを求めた感じで、力強くも優しい味わい。そして具はテール肉の欠片とネギ、と思うでしょ? どっちも違うのさ。肉片は油かす? いやカリカリか? はっきりはわからんけど、スープに浸ってなおサックリとした歯応えと、油が抜けた脂身のコク、そして意外と数も入ってる。そしてネギではなくニラ、栄養的にテールスープと相性がいいそうで、かなり細かいみじん切りになってるんで臭いはあまり気にならない。丼は大きくないが麺量は300gと十分、最後はスープの大半まで完食。
ここまで個性的なうどんは滅多になかろうですよ。今後のメニュー展開にも期待したいところ。最後にメニュー表を。
18100902.jpg 18100903.jpg
和尾セット、なんとカレーお代わり自由。ギャル曽根も大満足でしょうよ。今度は俺もセットにチャレンジしてみようかなぁ。

三井うどん店 & くるくる亭 @小郡 

台風来てるけど福岡は大した影響ないみたいなんでいつも通り麺ドラ、今日は小郡へ。一軒目は「三井うどん店」。先客3組後客1人。ブログやインスタで見て気になってた新メニュー「蓮天うどん」をオーダー。ちょい待って麺登場。
18093000.jpg
エッジが立った太麺は秋月の篠原製麺所謹製、茹で置きっぽい柔麺ではあるが、引っ張っても千切れる事はなく、弱麺ではない。しなやかな柔麺と言えばいいのかな。すめはカツオコンブベースかな、節系の華やかさも感じる味わいで、塩気は弱めでほんのり甘め。いろんなトッピングに対応しつつ、かけうどんでも不足を感じなさそうな味わい。揚げたての蓮天は2個、ちょい小さめかなと思ったが、裏側にすり身揚げがくっついていて、これまた揚げたてのフンワリムッチリ感とほんのり甘さ。レンコンはサクサクよりはホクホク寄りの火の通り具合。最後はすめの半分くらいまで完食。
ほっこり安心感があるうどん屋で、新しいトッピング、新旧融合って感じで良かったです。思い出した頃にまた食べに来たいな。

三井うどん店
蓮天うどん 450円 ☆4.0
小郡市井上1027-5 11:00~15:00 不定休


さて、トイレを借りに昨日再オープンしたイオン小郡店へ。先日の豪雨で水没して営業休止していたが、数ヶ月ぶりに営業再開。ただ一部店舗のみで、もうすぐ再開する店舗、撤退した店舗などでフロアマップは穴だらけ。特にレストラン街は全滅状態。ただ、レストラン街で営業してた日田焼きそばの店がフードコートに移ってくるそうで、10月中にオープン出来るかな? その店「くるくる亭」が10月8日まで、店の入口横のテントで臨時営業中。今日なんて台風来てるのに麺茹でて焼きそば焼いて唐揚げ揚げて頑張ってますよ。その心意気に惹かれて(そしてその値段に惹かれて)焼きそば購入、フードコートで食べる事に。ちなみに同じ値段で「焼きそば弁当(焼きそば、唐揚げ、ごはんのセット)」もあったけど、やはりここは焼きそばオンリーで。
18093001.jpg
麺は大分県産小麦粉100%の自社製麺だそうで、しっかり焼き目がついてカリカリな部分と、ムッチリとした食感の部分。炒める過程で麺が切れて麺線短めではあるが、まあ日田焼きそばは啜るモンじゃないしな。味付けのソースは濃厚ではないが結構スパイシーで、飽きが来ない上に締まりがある感じ。具は太モヤシ、ネギ、豚肉とシンプル。中でもモヤシのシャキシャキとした歯応えが楽しい。豚肉はサイズがちょいと不揃いかな、歯ごたえのあるバラ肉で、量的にはもうちょっと欲しかったかな。とはいえ、相場的にお高めの日田焼きそばが、持ち帰り用プラ容器とはいえ、ワンコインで楽しめたのは嬉しかったね。一緒に付いてきた営業再開後に使える100円引き券によると、再開は10月26日になるのかな。その時は鉄板でジュージューいってる日田焼きそばを楽しみにしたいね。

くるくる亭
日田焼きそば 500円 ☆4.5
小郡市大保110 10:00~17:00(営業期間9/29~10/8)

肉ちゃんうどん@千代 ~冷たい肉うどん with 桜海老揚げ玉~ 

冷やし肉ぶっかけ 700円 ☆3.5
福岡市博多区千代5-11-20 10:30~17:00 不定休

今日のお昼は「肉ちゃんうどん」千代本店。小倉名物肉うどんを福岡市に最初に紹介した店、だったはず、確か。そんな店で今日の狙いは「冷やし肉ぶっかけ」。肉が入ってない「冷やしぶっかけ」が600円なので、これなら肉入れるよね。お冷やと一緒に出される浅漬けをつまもうかなと思ったらそんなに待たずに麺登場。
18083000.jpg 18083001.jpg
丼まできっちり冷たいのは嬉しいね。つゆの徳利の下の薬味入れは柚子胡椒。それにしてもちょいとショウガが多くないかい?
麺は中細の冷凍麺、冷たく締められていてムチップルッとした歯応え。つゆは甘辛強め、そこに肉汁の味が加わってトータルとして甘めな味わいになっている。具の肉は頬肉をほぐしたモノかな、柔らかくて味付け濃いめ、量も結構ある。他の具の中では揚げたての温かい桜海老入り揚げ玉、サクサクでエビの香ばしい風味も利いている。他に粗めの大根おろし、ネギ、鰹節、糸海苔。トータルの量もちゃんと満足出来るくらい。
小倉名物肉うどんの冷やしは逆に小倉では出してる店無いかも。次は普通に温かい肉うどんか、あるいは肉そばかな。