FC2ブログ

南京千両 & 徳兵衛うどん @久留米 

今日の麺ドラは久留米。せっかく久留米に行くなら豚骨も食べたいな。というわけで「南京千両」か「まんてん」で迷い、前者をチョイス。先客2人いたけど何も食べず、店主のお婆様と談笑しておられる。後客なし。オーダーは「ラーメン」、ちょい待って麺登場。
19021700.jpg 19021701.jpg
麺は中細縮れ、それなりに歯応えが残っていて口当たりも強め。スープは純豚骨かな、塩気も油っ気も控えめ。そんなに濃厚ではないマイルド風味で、コラーゲン感がちょい強めかな。具は独特の、細切りのチャーシュー、乱切りのメンマ、海苔とネギ。このチャーシューが味付け強め、肉質はホロホロ脂身はトロトロで美味いんだよなぁ。終盤は崩れて食べづらくなるけど。海苔も有明産か、口溶けも風味もいい。最後は具まで残さず完食。
白濁豚骨の元祖の味わい、たまーに食べたくなるんだよね。ところで壁に「霊芝と数種類のハーブを取り入れた薬膳とんこつ霊芝ラーメン」とか張り紙があるけど、コレの中に入ってるのかな? 流石に味はわからんかったけど。

南京千両
ラーメン 550円 ☆3.5
久留米市野中町1357-13


二麺目はちっご煮込みうどんスタンプラリー11店目「徳兵衛うどん」。正午前の店内はほぼ満席の人気っぷり。ヒトリモノなんでカウンターにすんなり案内されるけど。オーダーはスタンプ対象メニュー「モツ煮込みうどん味噌仕立て」。コレと、12店目に残った「麺楽」の「ちっご雑煮うどん」はどっちもボリューム感がありそうで怖いんだよねぇ。とはいえ、
19021702.jpg
お総菜はいただきますよ。それにしても筑後のうどん屋さん、無料のお総菜を置いてる店が多くて有り難いんだけど、どの店もどの店もお皿がちっちゃいんだよねぇ。刺身の醤油用サイズですよ。もう一回り大きなお皿を置いてくれるとありがたいんだがねぇ。あ、この店は「ホウレンソウのおひたし」「モヤシのおひたし」「おから」「揚げ玉」が美味しかったです。さて、思ったより早めに麺登場。
19021703.jpg 19021704.jpg
ぐつぐつ煮立ってるんで取り皿に移していただきまーす。麺は中太、煮込んでなおエッジが立ってて歯応えも強め。煮込み前提で硬茹でしてるのかな。焦げ目が付いてる麺があったんで、しっかり煮込んでるのは間違いなさそう。スープは和風ダシに特製味噌ダレ使用だそうで、複数の味噌を使ってるんでしょうね、赤味噌の風味も感じるけど甘辛ちょうどいいくらいの味加減。具のモツや唐辛子、擂りゴマの風味も加わって終盤ほど味深い。具は牛モツ、キャベツ、ニラ、エノキ、シメジ、ゴボウ。モツは大小10個くらい入ってたかな、結構脂身が厚めについていて、歯応えも強め。他の野菜では、ゴボウが意外と存在感があって良かったな。最後は具の欠片まで完食。
まあ想像通り、ボリューム感抜群でした。いよいよ12店目が怖いな。ともあれスタンプラリーもあと1店。完遂したら各店のお食事券もらってまた12店巡りだよ!(実際は1店閉店したんで11店ですが。)

徳兵衛うどん
モツ煮込みうどん味噌仕立て 930円 ☆3.5
久留米市本山1-5-23 10:00~21:30 正月のみ閉店
HPあり

Udon-Dining 天空@博多駅前 ~うどんのみならぬ五島の味~ 

五島の地獄炊き(つけ麺) 594円 ☆3.0
福岡市博多区博多駅前3-9-12 11:30~15:00&17:30~23:00 日祝定休

今日のお昼は「天空」、以前「一幸舎研究所」があった場所やな。研究所には期待してたんだけどな、残念。とはいえその跡に出来たこの店も、五島うどんを中心に五島や長崎の料理を楽しめる。となると俺の狙いは迷わず「地獄炊き」。どんなタイプが出るかな、楽しみやな。
19020500.jpg 19020501.jpg
さほど待たずに麺登場。「卵は溶いてつゆに入れてどうぞ」と店員さん。というわけでそのようにする。麺はもちろん五島うどん、細麺で麺線短めの仕様。歯応え的にはちょい柔めかな、注文後に乾麺から茹でたわけではなさそう。そしてつゆをまとった卵のコクよ。つゆはあまり醤油辛さは立っておらず、とはいえ甘さも控えめ。ダシを利かせためんつゆって感じかな。美味いんだけど、一口ごとに卵の風味が薄れていくのがちょっと悲しい。中盤以降は薬味のネギ、レモン、ショウガで味変しつつ、ズズッと麺完食。つゆも薄まってそのまま飲めるくらいになってるな。
他店の地獄炊きと比べるとやや平凡だが、でも地獄炊きが食べられる店が増えるだけでも俺は嬉しいよ。おつまみメニューに「長崎ハトシ」があるのは確認したんで、次は飲みに来たいねぇ。

ぷち麺にゅーす
・「能古うどん」大橋店が4月下旬オープン予定って。駅地下かな?
・早良区西新5の「洋食そば食堂グリチネ」が2号店を4月末に6本松にオープン予定って(誤字)。
博多区住吉2-4-7に「杏仁荘」2号店が3月上旬オープン予定。わーい、飲みに行きやすくなる!
中央区春吉3-22-7-2F……あ、こないだ行った広島焼きの店の上だ。そこに「博多鶏つけそば とりの時」が3月中旬オープン予定。つけ麺と立ち飲みの店で夜営業オンリー、いずれはランチ営業の予定ありだそうで。

一吉うどん@みやき町 & あずみうどん柳川@柳川 ~ちっご煮込みうどんスタンプラリー~ 

今日はいつもより遅めの時間からの麺ドラスタート(理由:二度寝)。まず向かうは「一吉うどん」、ちっご煮込みうどんスタンプラリーも9店舗目である。なのでオーダーは迷わず対象メニュー「筑後酒蔵煮込みうどん」。待ってる間はお総菜、ここは3種類。うどんかりんとうが存在感あっていいね。思ったよりは待たず麺登場。
19020300.jpg 19020301.jpg
ショウガが目立つねぇ。麺はちょいぐねった感じ、太さ厚さにややムラがある。しっかりエッジが立ってて結構グミッとした弾力感がある歯応え。すめは和風ダシに城島の純米酒粕、豆乳、さらにたっぷりのおろし生姜。味的にはまろやかな和風クリームって感じかな、ショウガの刺激が加わって身体は温まる。具は薄切りの豚ロース肉3枚、ネギ、シメジ、糸唐辛子と割とシンプル。豚肉は歯応え強めで味濃いめ。最後は糸唐辛子を上手に避けつつ完食。
俺は別に酒粕は好きって訳ではないので、好きな人なら評価は一段上がるだろうね。あと忙しそうではあるが、接客がちょっと追いついてない感じ(一声掛けるとか目線をやるだけでも印象は違うんだぜ)。次来たら何を食べるかなぁ……む? 「きつね」と「大判きつね」が別々にあるのが気になるな。

一吉うどん
筑後酒粕煮込みうどん 830円 ☆3.0
三養基郡みやき町西島1624-1 11:00~21:00 第3水曜定休


さて2麺目は大川市、先日オープンした豚骨ラーメンの店……
19020302.jpg
売り切れ閉店しとったー! さてどうしよう、佐賀のラーメン屋行くか、とか考えて、あーもういっそスタンプラリーの店もう1軒行くか、と柳川に車を走らせる。ナビに道を任せたら結構細い道を通されて、辿り着いたは「あずみうどん柳川」。14時過ぎなんで広めの店内に客は少ない。オーダーはこれまた迷わず対象メニュー「野菜カレー鍋うどん」。待ってる間はお総菜、ここは多いね、揚げ玉入れて9種類か。お約束のマカロニサラダ、おからの他に春雨の酢の物もあるよ。取ってつまんでる間に、これまた思ったよりは待たず麺登場。
19020303.jpg 19020304.jpg
店舗玄関の右手に麺打ち場があり、つまり手延べ手打ちなんだろうな。麺線は太さ厚さにかなりのムラがあって楽しい。こちらも結構歯応え強め、煮込みうどんながら弱さは感じない。すめは、グランドメニューにカレーうどんがないんで、このメニュー専用に誂えているんだろう。スパイス感というよりは「ダシにルー溶いた」感が強め。なので刺激はなく、ホッとあったまる印象のカレー風味。具は申し訳程度の牛肉、そしてたっぷりの野菜はオクラ3本、揚げナス2枚、プチトマト2個、ネギ、薄切りタマネギ、細切りニンジン。中でも揚げナスはカレーもしっかり絡んで美味しいし、プチトマトは熱々の爆弾になっている。最後は野菜の欠片まで完食。
民芸調の店内にBGMは演歌っぽいし、土産物も売られてたり、イニシエを今に伝える店と言ってかまわないだろう。これからもこのまま続いてほしいねぇ。

あずみうどん柳川
野菜カレー鍋うどん 750円 ☆3.5
柳川市金納463-1 11:00~21:00 不定休

19020305.jpg
今日は奇しくも「会計時に50円割引券をくれる店の連食」でした。

饂飩おおた@大名 ~誰も単品頼まない話~ 

Aセット+小ざる 500+40円 ☆4.5
福岡市中央区大名2-11-16

今日のお昼は「饂飩おおた」。今月オープンの新店に既に2回目。オーダーは予定通り「Aセット(明太かまたま+まぜまぜ追メシ)」と「小ざる」。ちなみにAセット、500円なのだが、「明太かまたま」単品は600円。しかも後客が「明太かまたま」単品頼んだら「Aセットがお得ですのでそちらで承りますね」と店員さん。単品頼むヤツいないだろそれ。セットメニューには時間制限書かれてないし。釜揚げなのでちょい待って、ダシ醤油をかけてお召し上がり下さいとの言葉と共に麺登場。
19012900.jpg 19012901.jpg
既にきっちり混ぜられた状態。自分で混ぜたい欲も無くは無いが、こっちの方が美味しく頂けるよね。釜揚げながらエッジが立った平打ち気味の中細麺、見た目通りムッチリした歯応えがいいね。粘り気というよりはモチモチ感かな。そして卵の味と明太子の風味がしっかり絡んでくる。明太の塩気があるんで醤油無しでも美味いし、味変にダシ醤油をかけてもそれはそれで美味い。薬味はネギと糸海苔と揚げ玉、糸海苔がたっぷり気味なのが嬉しい。
19012902.jpg
後から来た「小ざる」。ざるというかぶっかけだけど。恐らく釜揚げからきっちり締められた麺はしっかりエッジが立ち、ムッチリ感を超えた粘り腰。うん、腰だなコレは。量的には麺10本分くらい、つゆも塩気控えめでダシが利いててそのまま飲めるレベル。両方のうどんを交互に食べ進め、完食後には、
19012903.jpg
追メシ投入。ああ、量的にホント丁度いいくらいだな。ほんのちょいとダシ醤油を垂らし、卵も明太も残さず完食。
いやぁ正直、この立地でこのコスパでいいのかってくらいにコスパ抜群、しかも味も隙が無い。惚れましたこの店。特に「小ざる」は温かいうどんには必ずセットしよう。冷たいうどんにセットしてもいいな。次は「とり南蛮」かな、「鍋焼き」もいいな、でも一番気になってるのは「ぞうすい」なんだよなぁ(笑)。最後に改めてメニュー貼っておきますね。
19011700.jpg 19011701.jpg

丸亀製麺@賀茂、夜は飲み会 

鴨すきうどん並 690円 ☆4.0
福岡市早良区賀茂4-38-15 11:00~21:30OS(土日祝10:00~22:00OS)
HPあり

丸亀製麺の店舗の中には、他店舗より先行して新メニューを出す店舗があるようで、福岡賀茂店もそうであるらしい。先日「鴨すきうどん」の幟が立ってたんで、早速来てみたのだが、
19011900.jpg
なんと今年の冬の鴨メニューは3つあるようで。「鴨つけうどん」の温冷を分ければ4つか。さんざん迷ったが、ここは新メニューっぽい「鴨すきうどん」を並で。すると麺を温めて水を切って、丼にうどんと温ぶっかけつゆを注いで、レジ横に進んで調理したての具と煮汁を載せて出来上がり。会計して席へ。
19011901.jpg
そうそう。チェーン店だからって、人手不足だからって無理しなくていいと思うよ。説明してもらえりゃ納得するからさ。実際、今日はご飯モノはいなりだけだった。
19011902.jpg 19011903.jpg
うどんはいつも通り、程よく腰がある中太麺。今日は甘辛いつゆをまとって、歯応えがいい感じ。つゆはぶっかけベースに甘辛い煮汁が加わり、そのまま飲んだらちょいとキツいかな。でもうどんや具に絡んだら、くっきりと存在感のある味わい。具は鴨肉が大小合わせて7枚、他に焼き目がついたネギ、エノキ、シュンギク、別皿に生卵。鴨肉は火入れが浅く柔らかくジューシー、チェーン店でこのレベルの鴨肉はすげぇと思う。ネギは予め焼いてたのかなってくらいに柔らかくジューシーで甘い。エノキとシュンギクは歯応えも風味もいいね。1/3くらい食べたあたりから、卵を溶きほぐして、麺や具を絡めて食べる。卵の甘さやコクが加わり、つゆの醤油辛さを和らげる。最後に残った卵にはつゆをちょいと入れて、ズズッと飲み干す。
毎年書いてるかもだけど、丸亀の鴨うどんはすげぇよなぁ。アプリクーポンで温玉が当たったし、こりゃ他の鴨うどんも狙ってみたいね。

夜は飲み会でしてね。
続きを読む