牧のうどん@マリナタウン ~まあ、しゃあないか~ 

花巻うどん 440円 ☆3.5
福岡市西区豊浜3 イオンマリナタウン 9:00~20:30OS

18021900.jpg
今日のお昼はマリナタウンの「牧のうどん」で期間限定花巻うどん、中麺。上には12枚切り海苔が10枚載ってて(つまり全形1枚よりはちょっと少ない)、どんどんすめに溶けていく。口溶けのいい有明海苔は溶けつつも麺に絡み、磯の風味を楽しませてくれる。途中でやかんスープを追加すると、力強い節系の味と海苔の味の共演を楽しめる。最後はすめまで残さず完食。
いやぁ、相変わらずの美味さ、流石の美味さ。ただ、俺、見ちゃったんだよね。麺茹でに使う四角いカゴの中に残ってたうどんが少なかったようで、カゴ引き上げてひっくり返して直接丼に入れてたの。なので、いつもの麺に比べて短いの、細いの、溶けかけてるのが半分くらいあった。そこは残念でした。あ、21日(水)は定休日なので皆さんお気を付けて。

ぷち麺にゅーす
熊本県菊池郡菊陽町杉並台2-11-2に、塩ラーメンの店「麺や 八」が3月12日オープン予定。

博多きねや@原田 ~もちもちひっぱり麺~ 

ごぼううどん 421円 ☆4.0
福岡市東区原田1-24-37 11:00~22:30 年末年始定休

今日の昼は「博多きねや」原田店。博多古流うどんみたいな感じで売ってたはずだが、今は「もちもちひっぱり麺」の幟が目立つな。店内に入りメニューを見ると、寿司やら定食やらも多く並んでいる。うどんは……メニューはそんなに多くはないが、かけうどん320円+税、肉うどんやえび天うどんでも510円+税ってのはお手頃感あるな。オーダーは「ごぼううどん」で。メニュー見てると「きねや自慢の博多古式手延うどん」「福岡県産小麦を使用」「圧力釜で湯がく」など魅力的なワードが。楽しみだぜぇ。
18011600.jpg 18011601.jpg
手延べ麺は端っこは切り落とすことが多いと思うが、ここはそのまま使ってるんだな。厚みはさほど差が無いが幅に思いっきりムラがある麺は、芯にわずかにモッチリ感を残し、全体的にはフンワリしなやか、そして端っこはプルッと跳ねるような口当たり。個性的な見た目だがちゃんと美味いな。すめは節系の華やかさが利いていて、塩気は控えめながら天ぷらの油にも負けないしっかり味。揚げたてのごぼう天は大きめの薄切りを1枚ずつ、衣も厚すぎず薄すぎず、しっかりゴボウの風味と歯応えを残して、それが8枚。うどんの量もあり、全体的にボリューム感は満足。これでこの値段は嬉しいね。
実に個性溢れるうどんでした。これは一度、冷やしでも頂いてみたいかも。どんな食感に化けるんだろ、今から夏が楽しみですぜ。

無添さぬきめん あじ豊@千里 ~憧れのレディースセット~ 

野菜天ぶっかけうどん温 650円 ☆3.5
西区千里223-4 11:00~15:00 水曜定休(祝日は営業)

今日のお昼は周船寺近くのうどん屋「めい泉」……の予定だったのだが研修旅行で臨時休業。なんてこったい。でもなんとなくうどんが食べたいので、近くの「あじ豊」に行ってみる事に。一気に客が入ったからか、店内はちょいとわちゃついた感じ。メニューはかけ、ぶっかけ、ざるが基本。せっかく讃岐系なので、寒い日だが冷たいうどんにしようと「野菜天ぶっかけ」をオーダー。すると店員さん「ぶっかけは冷たいのと温かいのありますけど」なんて言うもんだから思わず「温かい方で」。日和ってしまった……。
17120800.jpg 17120801.jpg
まずは細かく刻んだ豆腐が入ったサラダをペロリと平らげ、うどんにつゆをかけてズルズル。しっかりエッジが立った太麺はぐねってて太さにも少々のムラがある。歯応えはハードめにムッチリとした感じかな。温でもしっかりしていて、表層と芯に歯応えのムラが無い感じ。つゆは食べてる時は薄味かなと思ったが、徳利に残ったつゆを味わうと割とワイルドに煮干しが利いてる感じ。薬味は大根おろしとショウガ、ネギ、ゴマ、レモン。野菜天はゴボウ2本、サツマイモ、ニンジン、茎ブロッコリー、タマネギのかき揚げ。どれも高温で短時間で揚げているようで、衣のカラッと感の割りには野菜にしっかり歯応えが残っていた。特にタマネギが良かったね。
提供に時間かかったんで揚げたてで間違いないだろうし、歯応え強めなんで食後の満腹感も高い。今の俺には多いかなと思うほど。これなら、
17120802.jpg
これ頼んでみたら良かったかなぁ(右下の注意書きに気づかなくて頼めなかったんです)。

元祖博多うっど~ん「麺を喰らう」@博多駅前 ~1.5倍が欲しいのね~ 

汁なし小+温玉 550+100円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅前3-9-12
Twitterあり

17112100.jpg
へぇ、飲みも始めたんやね。今日のお昼はプレオープンで来させてもらった、先月末オープンの「麺喰ら」。その時は汁ありをいただいたんで、今日は汁なしをいただくぜ。まずは「汁なし並」の札を取り、有料トッピングコーナーから「温玉」を取る。ゴボウ、タマネギ、ニンジンがかき揚げ状になっている無料天ぷらコーナーからトングで一掴み取り、レジで会計。その後麺を受け取り、ネギを取って一旦席に着き、水と、無料総菜コーナーで一皿分取って、さあ、いただきます。
17112101.jpg 17112102.jpg
よぉくかき混ぜてから温玉を載せるよ……あっ、割れちゃったい。ちなみに無料総菜で俺が取ったのはレンコンのきんぴら、小魚の甘露煮、揚げ玉、そしてなんと特製タルタルソース。汁なしに合うって書いてあったけど、ちくわ天に乗せて食べてたお客さんもいたな。
麺は番手8番の極太超平打ち麺。きしめんやひもかわに近いが、歯応えや口当たりはうどんとラーメンの間くらい。この踊るような食感が実に楽しい。味は程よい醤油風味、あと魚介風味も感じた気がする。イリコの。調味油が入ってたのかな。肉は量こそ多くないが、肉自体の味も味付けもしっかりしていて存在感がある。中盤で温玉を混ぜれば甘さとコクが加わってさらに箸が進む。天ぷらは汁なしだからどうしようかと考え、卓上の「麺のタレ」と「リンゴ酢」をかけて楽しむ。サックリ揚がってていいな。総菜も味わい、終盤はいよいよタルタルソース投入……うわ、ジャンクな味になるなぁ。でも具が大ぶりで意外と楽しい。ちょいと麺のタレや揚げ玉を足しつつ、ズズッと完食。
まあとにかく麺が個性的で面白い。あとは無料総菜の味変やね、ふりかけとか使っても面白そうだし、辛いの好きな人はもっと選択肢が広がるし(雷味噌、キムチ、辛子高菜など)。ただ、麺の量は汁なしで小だとちょいと物足りない。かといって並だと倍になるんだよな。1.5人前があったら嬉しいけどなぁ。

うどん兎屋@野間 ~明日に備えて~ 

月見うどん+かしわごはん 400+200円 ☆3.0
福岡市南区野間4-1-35 11:00~15:30&17:00~20:00 日曜定休

今日のお昼は明日に備えてカーボローディング、豊前裏打会の新店「うどん兎屋」へ。近くにいいコインパークが少ないが、それでも店内は8割の客入りを保つ。いろんな人のブログ見てると店名を冠する「うさぎうどん」「うさぎぶっかけ」が超お得みたいだけど、今日は油モノを避けて「月見うどん」と「かしわごはん」の食券を購入。
17111100.jpg 17111101.jpg
エッジの立った麺は透明感がある中細、平打ち気味で時折幅にムラがある麺が混じる。食感的には程よい弾力感がいい感じなんだけど、全体的に麺線が短め。わざとなのかな。関西風の色合いのすめは昆布中心かな、節系や煮干し系のクセをほぼ感じない。塩気も控えめで、お子様にもお年寄りにも優しい味わい。卵は小さめだが濃厚な味わいがいいね。そしてかしわごはんも、具は結構細かく刻まれていて、味付けもあっさりめ。炊き込みじゃなくて混ぜ込みタイプかな。鶏油も使ってなさそうで、これもまた優しい味わい。最後はすめの半分くらいまで完食。
まあ正直、うどんのすめもかしわごはんもクッキリ濃い味が好みなので、今日の味は俺の好みではなかったな。目指して作った味なのか、ブレなのかはわかんないけど。次回は店名を冠したメニューを試してみたいね。