FC2ブログ

ラーメンキラメキ@小郡、夜は「よしや」のうどんを4杯食べ比べ 

特製塩ラーメン 750円 ☆4.0
小郡市小郡553-7 11:00~15:00&18:00~22:00(土日祝11:00~22:00) 水曜定休

今日の麺ドラは小郡の「キラメキ」。券売機見ると……あれ豚骨清湯なくなってる? つけ麺も13時頃からみたいだし……なので「特製塩ラーメン」をチョイス。内容カスタムはチャーシューが1種類だけになってるね。ちぢれ麺、豚チャーシュー、鶏油をチョイス。そんなに待たずに麺登場。
19060900.jpg 19060901.jpg
麺はモッチリ系の柔麺、飲みが続いて疲れてる胃にも優しい食感。スープは鶏ガラやら豚骨やら野菜やらの複雑なベースに、鶏油の強い美味さがガツンとわかりやすく利いている。最初は油っ気が乗りやすいので強めの味、だんだん優しい味に変わっていく。具のチャーシューはトロトロのが2枚、他に軟骨のコリコリ感が面白いつくね、メンマ、カイワレ、ネギ、プチプチの人工イクラ。最後はスープの半分くらいまで完食。
やっぱ鶏油はわかりやすく美味いね。次はどの麺にしようかな。で、思いの外胃が疲れていたようで、今日の麺ドラは一麺で終了となりました。

夜は「手打ちうどん円清」を舞台にうどんワークショップだったのです。
続きを読む

粉やなぎ@平尾 ~はじめてのタケノコ~ 

ぶっかけ+根曲がり竹天 500+300円 ☆4.0
福岡市中央区平尾2-14-18 11:30~14:00&18:00~24:00(日曜夜17:00~21:00) 月曜定休
Facebookあり

今日のお昼は「粉やなぎ」。最近ネットで見たメニュー表に「根曲がり竹天」があって気になってたのよ。確か秋田らへんの名産で(中国地方でも取れるみたいだけど)なかなか食べるチャンスないからね。というわけで今日は開店直後くらいに突撃。メニュー見ると……あったぁ! というわけで「根曲がり竹天」と「ぶっかけ」をオーダー。すると店員さん、黒板メニューから根曲がり竹天を消しちゃった。わーいラスイチだ! ギリ間に合った!
19060402.jpg
というわけで先に出てきた根曲がり竹天。一本分だね。分類的には竹ではなく笹だそうで、そのせいかえぐみが全くなく、味も濃い感じ。歯応えはザックリ、衣のサックリ感とも相まって面白いな。というわけであっという間に食べてしまい、ダシとの対比は楽しめず。食べ終わってちょっとして麺登場。
19060400.jpg 19060401.jpg
麺は国産小麦の自家製麺、平打ちの太麺。冷たすぎないくらいに締められて、アゴが疲れないくらいのムッチリ感。麺自体の味もしっかりしてるし、つゆの乗りもいい感じ。つゆはダシ重視かな、醤油の風味は利いてるけど塩気はかなり柔らかい。具は大根おろし、カツオ節、青ネギ、別皿にワサビ。それぞれに、つゆの味を麺に絡めつつひと味加える感じの存在感。ワサビは使わず、最後はつゆまで完食。
前回のひやかけに続いて、うどんは美味しかったし根曲がり竹も美味しかった。ただ、根曲がり竹の、値段に対する量がちょっと寂しかった。まあ福岡における根曲がり竹の相場はわからんから何とも言えんけど、2本食べたかったかなぁ。ともあれ次は「釜玉」狙いで。あと冷うどんに新メニュー出てましたよ。「焼サバおろし(ミョウガ・大葉)」700円。むっちゃ酒が進みそう。

麺処たもん@北野町 & いろは食堂@鳥栖 

今日の麺ドラは「味坂ポピー祭」を軸にその辺で麺屋チョイス。一麺目は小郡の某店に行ったのだが駐車場が空いてない。やむを得ず諦め、北野町の「たもん」へ。「ちっご煮込みうどんスタンプラリー」の商品の商品券使いに来たよ。一人客なんで壁向きカウンター席が空いていた。この店の特徴、圧力釜茹でを楽しむなら温うどんがいいのだが、今日はなにぶん暑い。「細ざる」と、念願の「唐揚げ」を1個。ちょい待って麺登場。
19051200.jpg 19051201.jpg
麺はホント細いね、割り箸よりも細い。でもエッジが立ってて、ムッチリとした魅力的な歯応え、そして滑らかな口当たり。麺の量も結構あって嬉しい。つゆは九州醤油の甘さが感じられて、その奥に出汁の風味って感じかな。薬味の糸海苔はいいんだけど、ネギが乾き気味なのと、ショウガじゃなくてワサビなのがちょっと惜しい。
19051202.jpg
唐揚げ、モモ肉を開いて薄め、衣は厚めでカリカリ。味付けも濃すぎず薄すぎず。単品で食べるより、温うどんのすめに放り込んだ方が面白いかも。でもこのサイズで野菜も付いて100円なら納得かな。次は温うどんに添えてみたいね。

麺処たもん
細ざる+唐揚げ 500+100-300円 ☆3.5
久留米市北野町高良1363-3 11:00~14:00&18:00~20:00 水曜定休


さて続いて移動中。トイレに寄ってついでにフリーペーパー回収しようと「フレスポ鳥栖」に向かうと、「いろは食堂」が営業中なのに気づく。あれ日曜定休だったよな、ていうか閉店しなかったっけ、そういや復活したってどっかのブログで見た記憶があるぞ。というわけでフレスポ行ってから二麺目はこちらに。先客1組、後客けっこうゾロゾロと。店内は厨房も客席もピカピカ、ていうか外装も新しくなってたな。看板以外。
19051206.jpg 19051203.jpg
メニューこんな感じ。俺は勧められなかったが、ラーメンとチャーハンのセット800円ってのがあるらしい。まあ俺は普通にラーメンをオーダー。厨房には前回来た時にもいたはずのおばあさまと、それより一世代くらい若い男性と女性。男性がラーメン担当みたい。
19051204.jpg 19051205.jpg
程よい茹で加減の細麺。臭みはなくクセもなく、ちゃんと美味いスープ。大きめで柔らかく味付け濃いめのチャーシュー2枚。うーむ、「良く出来た優等生」タイプかな。これで安けりゃネタにもなるが値段も普通。チャンポン狙いの方が良かったかな、次は是非そっちで。

いろは食堂
ラーメン 600円 ☆3.0
鳥栖市曽根崎町1561-1 11:00~ &18:00~ 水曜定休


19051207.jpg 19051208.jpg
その後は「味坂ポピー祭」へ。ちょっと離れた場所に駐車場用意してあるのに、近くの道路に路駐してる連中の車全部エンストしたらいいのに。以前来た時はルピナスも並んでたんだけど、今日のはポピー一色でした。
19051209.jpg
でも色合い的にはこっちも外せない。いい季節ですなぁ。

萬田うどん@薬院 & ガムランディー@大名 

今日のお昼はオトモダチと。レンタル農園で取れまくってるウスイエンドウのお裾分けを受け取って下さるそうで、だったらお会いするついでにお昼でもご一緒しましょうかってな感じで。というわけで選んだお店は「萬田うどん」。狙いのメニューは「天然あさりの濃厚昆布水つけうどん あさり出汁のざるだれ」980円。これを選んだ理由は……追記ででも書こうかな。さてオトモダチの「おろしたて山わさびの濃厚昆布水つけうどん ざるだれで」からやや遅れて麺登場。似たようなメニューのはずなのに遅れた理由とは。
19050400.jpg 19050401.jpg
うどんの上にはアサリ11個とたっぷりミツバと糸海苔、薬味はネギとゴマと大根おろし、別皿にショウガ。トロットロの昆布水に浸った麺は裏打会の中でも細めかな、ムッチリモッチリとした歯応えで、決して硬いとは感じない絶妙さ。昆布水は塩気は入ってないんで味はさほど感じないが、つけ汁が間延びする事はない。そのつけ汁、やや濁りがあるが……あっ、ざるだれの風味の中にしっかりとアサリの出汁を感じる! これ美味しい! 一方具のアサリは小さめだが実入りは良く、身離れがすごく悪い。ここから察するに「ざるだしでアサリを煮て口が開いたらすぐ取り出し、その後ざるだしを急冷」ってな調理過程かな、だから時間かかったんかな。手間のおかげですごく美味しく仕上がってます。中盤からはアサリの身や海苔やミツバなどをたっぷり絡めて食べ進め、薬味を使わず麺完食。残った昆布水につけ汁と薬味を放り込み、最後の一滴まで美味しく味わう。
欠点は一つ、アサリの殻入れが無かったです(笑)。それ以外はホント良かった、美味しい上にはじめての味でした。アサリがある季節限定と思われるんで、気になった方は一刻も早くお試しを~。

萬田うどん
天然あさりの濃厚昆布水つけうどん あさり出汁のざるだれ 980円 ☆4.5
福岡市中央区薬院2-13-33 11:30~16:00&17:30~22:30 火曜定休
インスタあり


せっかくだからもう一麺いっときますか、って事でいくつかの店を回り、お目当てのメニューが無かったり行列だったりでフラれて、トボトボ歩いてたら、そういやオトモダチ、パクチー好きだったなってんで「ガムランディー」を思い出す。というわけで二麺目決定。自分は「センレクナームセット」、オトモダチは「カオソーイセット」に追いパクチー、さらに生ビール発動(笑)。カレーにビールは合うからねぇ。
19050402.jpg
速攻でサラダとタイ式やきめし登場。サラダは酸味のあるドレッシング、やきめしは今日は味薄めだな、ちょっとナンプラーかければ良かったカモ。
19050403.jpg 19050404.jpg
麺はタイの平打ち米麺、センレック。ムチッとした歯応えと滑らかな口当たり。スープは鶏ガラベースかな、濃厚ではなく優しい味わい。卓上調味料で好みに味を作るのが前提なんだろうな。今日はこのまま食べるけど。具は挽肉、すり身団子、キクラゲ、青菜(コマツナっぽかった)、モヤシ、揚げネギなど。歯応えの違いが楽しいね。最後は具の大半まで完食。
欠点は一つ、レンゲ用意して下さい(笑)。今回は割とお腹いっぱい気味で、味変を楽しむ余裕が無かったんで、次はもうちょい遊んでみたいね。ご一緒頂いたオトモダチのWさん、ありがとうございました~。

ガムランディー
センレクナームセット 790円 ☆3.0
福岡市中央区大名1-1-20-B1F 11:30~14:30(土日祝~16:00)&17:30~23:00 無休


続きを読む

粉やなぎ@平尾 ~令和最初の麺~ 

ひやかけ+スナップエンドウ天 450+200円 ☆4.5
福岡市中央区平尾2-14-18
Facebookあり

今日のお昼、令和一発目の麺は昨日インスタ見てめっちゃ惹かれた「粉やなぎ」。正午前の店内に先客3人後客2人。カウンター7席とテーブル2卓くらいかな。メニューこんな感じ。
19050202.jpg 19050203.jpg
名物はクレソン。昨日見たのはぶっかけ。でも冷やしなら俺は「ひやかけ」をチョイス。そしてトッピングに「スナップエンドウ天」を。野菜天盛りに入ってたことはあるけど単品で見たのははじめてだね。麺は注文後に一人分ずつ茹で始めるようで、ちょい待って麺登場。
19050200.jpg 19050201.jpg
麺は薄めの平打ち太麺、口当たりは滑らかで、ムチムチっとした歯応えが楽しい。麺自体の味もしっかりしてる気がする。すめは昆布中心かな、イリコか雑節っぽい風味もするかな。程よく冷えてるんで香りは立たないけど、口にすればふんわりといい風味。塩気はごく控えめっぽい。スナップエンドウ天は塩もついてくるんで5本中4本は塩でいただく。スナップは茹でてマヨで食べるのが一般的だけど、それに比べて味が濃厚で水っぽさがないのがいいね。これは推奨の食べ方カモ。あと、柚子胡椒が辛さ控えめで柚子の香りが立ってて良かった。最後はすめまで残さず完食。
気になった点が2つ。ネギは冷やしだと歯応えも風味も強すぎるんで細ネギだと嬉しいかな。あと、うどんの器が今流行のラッパ型(仮名)なので、すめの量が少ない、もっと味わいたかった。そんくらいかな。他は素晴らしかったです。こりゃ他のメニューも味わってみねば。とりあえずかまたま、ぶっかけ、クレソンはその後かな。

ぷち麺にゅーす
中央区平尾2-2-20に「定食・居酒屋 三章」がもうすぐ新規オープン。ランチタイムには醤油ラーメン、酸辣湯麺、マーボー麺、ちゃんぽんなどの麺類も提供するみたい。
早良区祖原30-18に、薬院にも店舗がある宮崎辛麺屋「辛福」が5月18日17時オープン予定。夜のみ営業なのかな。