らーめん義麺@八女 & 土俵うどん@大木 

今日の麺ドラは筑後方面。まずは八女の某蕎麦屋に向かうが……雛祭り系のイベントやってるようで店の前は通行止め、近隣の駐車場は超満車。ガクー。さてどうしようかと考え、八女のどこかで豚骨食べようかなと、確かこの辺に新しめの店があったなと向かってみたら……あった。というわけで一麺目は「義麺」。ログハウス風の店内にオサレな音楽が流れている。麺メニューは「らーめん」「チャーシューめん」と極めてシンプル、アレンジとして「レモンラーメン」と「野菜ラーメン」がある。うーむ、どうしよう……よし、思い切って「レモンラーメン」行ってみよう。麺の硬さは普通でお願いする。
17021900.jpg 17021901.jpg
麺は細ストレート、ちょいと加水率高めっぽい、ムッチリ感がある歯ごたえ。スープはクセのない豚骨、濃厚さも程よく食べやすい印象。そして一口目から微かにレモンの風味が感じられ、それは一口ごとに強くなっていく。それだけだとやや単調になりそうだが、ブラックペッパーがいい具合に味を引き締める。チャーシュー2枚は周辺部はしっかりとした歯応えで、全体的にはホロリと崩れる柔らかさ。ネギもフレッシュでいい感じ。
うん、面白いんじゃないかな。レモンラーメンとしてちゃんと形になっている感じ。ただ、今度来る機会があれば、その時は普通の「らーめん」食べてみたいかな。

らーめん義麺
レモンラーメン 650円 ☆3.5
八女市馬場54-6 11:30~23:00OS 水曜定休


二麺目は予定通り大木町に移動。今日は「道の駅おおき」にキノコを買いに行くという目的もあったのだ。正午ちょい過ぎ、辿り着いたは「土俵うどん」。今日は待ちもなくすんなり席に通される。おや、新メニューがあるな。15時以降の鍋焼うどん、14時以降のもつ鍋焼きうどん(この時間差は何なんだろう)、そして「牛すじ入りぶっかけうどん」620円。この店にしては高額、面白そう。だが今日は予定通り「牛カレーうどん」をオーダー。さほど待たずに麺登場。
17021902.jpg 17021903.jpg
うわ、予想外のフルあんかけ。麺はいつも通りの極太、表面ふわっとしつつ芯にはムッチリ感が力強い。麺に絡みつくのは、最後の最後まで粘度を失わない超あんかけのすめ。和風ダシにカレー粉かルーを溶いたタイプかな、スパイスは利いてるけど辛さはごく柔らか。具は上に載ってるの以外は全く入っていない。なるほど、この極太の麺に対抗するには、この強すぎる程の粘度が必要なんだな。上に載ってるのは肉うどんの具かな、牛肉とタマネギ。これらがかなり甘めで、ある意味いい箸休めになる。麺を食べ終わる頃にはすめも大半がなくなっているが、残ったすめまできっちり完食。
麺が個性的な「土俵うどん」ではあるが、カレーうどんも極めて個性的でした。次は夏頃に「牛すじ入りぶっかけうどん」かな。

土俵うどん
牛カレーうどん 480円 ☆4.0
三潴郡大木町奥牟田604-6 10:30~21:00 木曜定休(祝日は営業)

讃岐うどん 志成@大手門 ~やっぱ冬はあんかけ~ 

磯香る! あさりとわかめのあんかけうどん 780円 ☆4.0
福岡市中央区大手門3-3-24 11:30~15:00(土日祝~16:00) 月曜定休(祝日は翌日振替)
HPあり

今日のお昼は久しぶりの「志成」。入店すると「お一人様ですか? カウンター席奥から詰めてどうぞ」と言われてえーってなるけど、まあ人気店だからやむなしか。オーダーは他の人のブログ見て気になってた冬の新作「磯香る! あさりとわかめのあんかけうどん」。メニュー表は税別価格なので気をつけて。先客のオーダーの時に見込み茹でをしていたのか、さほど待たずに麺登場。
17021400.jpg 17021401.jpg
エッジが立った太めの麺は、讃岐らしく密度が高い感じ。でも硬いってほどではなく、ムッチリとしてしっかりとした歯応え。麺線の長さも整っている。すめはしっかりとしたあんかけ、和風ダシがしっかり香る中にほんのりとアサリのダシが利いている。塩気が控えめだが、アサリの風味と柚子皮でしっかりと味に締まりがある。具はあさり4個、ワカメ、手鞠麩3個、柚子皮、別皿に細ネギ。あさりは大きくはないがプックリとしていて、2個は砂を噛んでた。ワカメは島原産、ザックリとした歯応えと磯の風味、そして量が結構多めだったのが嬉しい。手鞠麩は生麩かな、モチッとした食感が楽しい。最後はすめの大半まで完食。最後までとろみが衰えなかったな。
いやぁ、流石の完成度の高さでした。個人的には、あさりはもうちょっと量が欲しかったかな。次はどれを頼もうかな、でも先に一度「和讃」にも行ってみたいかな。
17021402.jpg
会計時にチョコ頂きました。ありがとうございます~。

麺屋 ゆぶき@飯塚 & うどん 定食 はちや@田川 

今日の麺ドラは飯塚方面。まずは新店「サッポロラーメン一光」に向かうも、店頭に待ちの陰。待つのやだなー、というわけで次の候補店、今月移転オープンした「ゆぶき」へ。十数台駐められそうな駐車場も2台分しか空いておらず、店に入ればカウンター15席くらいとテーブル3卓だったかな、空いてるのは2席のみ。なので俺はすんなり座れたが、後には待ちが出ていた。さてオーダーは移転前に食べた事が無い「味噌ラーメン」、サイズ普通で。
17020500.jpg 17020501.jpg
麺は細めの弱縮れ、ちょい加水高めなのか、ムッチリとした食感がいい感じ。スープは鶏ガラベースかな、そして赤味噌が味の中心。塩気は控えめでちょい甘め、微かに渋みもある。でもサラッとしていて軽やかな味わい。背脂が浮いてるように見えるが、実際は挽肉の脂身が浮き、肉質が沈んでいた。他にショウガやタマネギなども底に沈んでいて、終盤はしっかり麺に絡んでくる。具はチャーシュー2枚、キクラゲ、ネギ。まあ普通かな。
醤油・塩・味噌と出す店でこのタイプの味噌は意外だったかも。次は麺を小にして、雑炊か後めしを楽しんでみたいかな。それか夏季限定、つけ麺の大盛りを。

麺屋 ゆぶき
味噌ラーメン 600円 ☆4.0
飯塚市川津543-2 11:00~22:00(日祝~21:00) 不定休


続いて向かったのは田川の山の中、峠のドライブインのように見せかけて京風うどんを出すレアな店「はちや」。前回来た時は「カレーラーメン」頼んじゃったからなぁ。今日は正統派京風うどんの中から「けいらん」をオーダー。
17020502.jpg 17020503.jpg
うどんは太からず細からず、硬麺では無くムッチリとした食感。そして超熱々のすめの中でも弱さを見せる事は無い。すめは鰹昆布ダシがしっかり利いていて、塩気は控えめ。強めのあんかけになっていて熱々、そしてかき玉はさらに超熱々。卵2個分はあるだろうな、シンプルながらかなり贅沢な味わい。具は他にネギとたっぷりのおろし生姜。そりゃ身体も温まるでしょうってモンである。あんかけなので終盤までぬるくなる事も無く、すめの大半まで完食。
ホント、知らなきゃ辿り着けないような立地ながら、実に完成度の高い一杯でした。次は「鶏なんばん」か「ごぼてん」か「ちゃんぽん」か、あるいは夏の「冷かけ」か。迷いどころですなぁ。ちなみに後客が頼んでた「だしまき定食」の出汁巻きもむっちゃ美味そうだったってのも付け加えておきたい。

うどん 定食 はちや
けいらんうどん 550円 ☆4.5
田川市猪国1218-1 11:00~19:30 月曜定休

さぬきうどん 誠屋@曰佐 ~うどん屋さんで和風カレー~ 

和風カレーうどん 690円 ☆4.0
福岡市南区曰佐4-39-30 10:45~20:45 火曜定休
Facebookあり

今日のお昼は我が最愛のうどん屋の一つ「誠屋」。前回「洋風カレーうどん」食べたんで、今回は「和風カレーうどん」をオーダー。そういえば前回来た時とは店内の席のセッティングも変わってるし、営業時間は中休みなしになったし、メニュー表も変わったし、レジ横でシフォンケーキを堂々アピールしてるし、定食メニューも増えてるし。鶏天定食とか、鶏天にごはんに漬物にミニうどんまでついて590円とか安すぎやん。
17020400.jpg 17020401.jpg
エプロン装着していただきま~す。麺は太からず細からず、エッジが立っているが見た目ほどの硬さではなく、ムッチリモッチリ重視な感じ。これが今のこの店の目指す麺なんだろうな。恐らく冷やした方が本領発揮となりそう。すめは和風ダシが利いたカレー風味、結構どろりとした感じなんで、トマトなどの野菜をミキサーにかけたのを入れてるのかな。辛さも程よく、まろやかな味わい。具はネギの青いところと鶏肉。はかた地どりは歯応え強めで味も濃い。セットされているのは花豆の天ぷらか、甘めに炊かれた豆と衣の食感は、浅草の揚げ饅頭を思い出させる。半分はそのまま食べ、半分はカレーに浸して食べる。最後はすめまで完食。
確かにうどん屋のカレーうどんではあるが、和風一辺倒ではないのがこの店らしいのかも。次回はどれかな、「親子うどん」690円ってのも気になるが、「ミニ玉子丼」290円にミニうどんセット+200円ってのも気になるな。ミニとは言えセットでワンコインだぜ。

牧のうどん@加布里本店 ~久々の新メニュー~ 

花巻うどん 440円 ☆4.0
糸島市神在1334-1 9:00~24:00 第3水曜定休

今日のお昼は「牧のうどん」本店。昨日発売開始の期間限定新メニューが狙いなのさ。
17013100.jpg
佐賀のサン海苔協力、初摘みの有明海苔を使った花巻うどん&そば。会計時に聞いたところ、初摘み海苔が手に入る2ヶ月間くらいの限定になりそうとの事。今日はうどんで、麺は中麺でオーダー。
17013101.jpg
海苔は12切(旅館の朝食のパック海苔サイズ)が10枚入ってるみたい。まずはうどんから。しっかりした歯応えのうどんは、まあいつも通りの牧のクオリティ。すめは、今日はちょいと節系が強めかな。結構しっかり味。そしてうどん食べてる間にも少しずつ海苔が溶け出し、磯の香りが漂い始める。二割くらいうどん食べたあたりで、やかんですめを海苔の上から注ぐ。一気に溶け出す海苔、広がる磯の香り。
17013102.jpg
この溶けの良さが有明海苔よね。うどんにガンガン絡んでくる海苔、あれ、でもその割に海苔の風味はそんなに強くないな。さっきの香りの方が強かったかも。恐らくだが、今日のすめの節系の強さに、海苔の風味が押し負けてるんじゃなかろうか。それでもしっかり海苔の風味を楽しみつつ、最後は砕けた欠片の大半まで残さず完食。
牧のうどんがこんなメニューを出してきたってのがまず面白い。そして個人的な欲望を書くならば、単品雑炊とかざるうどんのつゆにこの海苔を合わせてみたいな。雑炊は難しかろうが、ざるうどんはどうにか2ヶ月以内にチャレンジしてみたいな。
17013103.jpg
ちなみに店出た後に気付いたんだけど、「ユーリ!!! on ICE」のポスターは店の北東の隅っこ、この辺にありました。聖地巡礼の折にはご参考に。