FC2ブログ

照月庵@大手門 ~あんかけ最終回?~ 

かき玉 630円 ☆4.0
福岡市中央区大手門3-13-7 11:00~15:00&17:00~20:00 日祝定休

寒いねぇ、こんな日はあんかけよね。明日から温かくなりそうだけどね。というわけで今日のお昼は「照月庵」。移転後はじめての来店。細い道沿いに店はあるけど結構広いね、30人くらいのキャパかな。出前もやってるようで。メニュー見ると……多いなぁ。温蕎麦も冷蕎麦も丼もおつまみも。あと旬を大事にしてるようで、今日は牡蠣と蛤の蕎麦があった。でもまあ今日の狙いは「かき玉」。温はうどんもあるけど、もちろん蕎麦で。厨房も活気良く回転も早く、さほど待たずに麺登場。
21011200.jpg 21011201.jpg
昨日の「宗右ヱ門」が、玉子が割と塊になっててあんかけの上に浮いてる感じだったのに対し、こちらは玉子が細かく、あんかけの中に溶け込んでる感じ、好対照で面白い。蕎麦は二八かな、甘さはあって香りはそこそこ、麺線整っていて歯応えしっかりって感じ。すめは京風かな、節系より昆布が目立ってる感じ、醤油も控えめで飽きが来ないタイプ。そこにたっぷりのかき玉、ちょいちょい塊もあって激アツ。お冷やもらってて良かった。具はネギの他に、あんかけの中にワカメとカマボコが沈んでいた。最後はすめまで完食。玉子だけ回収するのは無理だった。
味もいいけどお値段よ。かけ+130円でこの満足感よ。次は何かな、「蛤せいろ」も気になるけど飲みメニューもいいな、カツとじあるし。飲みに来たいなぁ。

そば処 宗右ヱ門@箱崎 & まるにラーメン@津屋崎 

寒いねぇ、こんな日はあんかけよね。というわけで今日の麺ドラ、1麺目は「宗右ヱ門」。未訪問店だが福岡の蕎麦でも老舗で、少なくとも1994年のグルメ本に名店として名が上がっている。最近たまにInstagramに広告が出てきて、かき玉が美味そうで気になってたのだ。店の隣に3台確保されてる駐車場に車を入れ、開店とほぼ同時に店内へ。もちろん先客無し、後客3組は常連っぽい感じ。あらかじめ後から出してもらうおかわりまで注文してるあたり常連っぽさがある。俺は迷わず「かき玉」で。そんなに待たずに麺登場。
21011000.jpg 21011001.jpg
蕎麦は信州産、石臼挽きの粉を外二で打つ。麺線も整っていて、香り、甘さ、共にしっかり感じられ、中盤くらいまでは歯応えもしっかりと感じられる。いい蕎麦だねぇ。強めのあんかけのすめは醤油と鰹節が強め、江戸っぽさがある。でも塩気は控えめだったかな。具はかき玉、キクラゲ、紅タデ、青柚子皮、別皿にショウガ、そしてすめに白くて厚いカマボコが沈んでいた。かき玉は玉子2個分くらいあったかな、フワフワ感がいい。キクラゲは歯応え、柚子は香り、ショウガは半分くらい入れたら更に身体がポッカポカ、味も引き締まる。カマボコは小田原鈴廣、嗚呼これぞカマボコってな歯応えと風味の強さ。最後はすめの大半まで完食。食後のお冷やがまた美味い。
入口付近に築地だったかな、藪蕎麦のショップカードが置かれてたからそこが修業先なのかな。老舗の蕎麦、美味かったです。次は「せいろう」かな、やっぱ。

そば処 宗右ヱ門
かき玉 1,050円 ☆4.0
福岡市東区箱崎2-24-15 11:30~14:45 火曜水曜定休


ポッカポカに温まったところで、二麺目は去年津屋崎の「一楽ラーメン」跡にオープンした、丸の中に仁で「まるにラーメン」。先客無し、後客2組。入口の張り紙によれば、ちゃんぽんと焼きめしは去年11月で終了したらしい。店員さんは女性のみで5人もいたよ。麺は豚骨と味噌の二本立て。デフォの「ラーメン」を硬さ普通でオーダー。ちょい待って麺登場。
21011002.jpg 21011003.jpg
麺はラー麦使用の細ストレート、ムチッと感がある歯応え。スープは純豚骨かな、臭みは無くコクはそこそこ、油っ気も塩気も控えめで、微かにとろみもあるかな。個性がある豚骨が増えつつある現代にあって、逆に減り続ける「イニシエ系」に列する味かも。ご近所さんが飽きずに通うみたいな。具のチャーシュー2枚はトロトロホロホロ、海苔とネギはまあ普通。麺と具の欠片まで完食。
個性好きな俺としてはちょいと物足りなさも感じたかな。会計時に50円割引券もらったんで、次は「味噌ラーメン」かな。

まるにラーメン
ラーメン 590円 ☆3.0
福津市津屋崎7-11-17 11:00~17:00 水曜定休(祝日は営業)

そば茶屋 文六@博多駅デイトス ~あんかけ、ではない~ 

きのことじそば 740円 ☆3.0
福岡市博多区博多駅中央街1-1博多デイトスB1F 10:30~22:00OS 無休

今日も車を運転するにはちょっと怖いので、午前で仕事を済ませて福岡市内を歩く。寒いねぇ、こんな日はあんかけよね。と向かった中洲の店が開いてない、ランチは平日のみ営業だった。ダールー麺狙いだったのに。ここからフラフラと歩き続けるランチ難民。あちこち行って最終的に選んだのは「文六」の「きのことじそば」。とじそばだから、実質あんかけのようなモンよね。
21010900.jpg 21010901.jpg
はい、全然あんかけじゃありませ~ん。でも熱々だから良しとしよう。麺はこの店独特の更科系の白さ、歯応えも風味もまずまず。すめは節系も利いてて和の旨味をしっかり味わえる。具のきのこはシメジ、エノキ、マイタケかな、結構量がある。それを玉子とじ、結構硬めだけどコクがあるね。あと薬味のネギが美味かった、存在感あった。最後はすめの大半まで完食。
この店はスタンダードな蕎麦もオリジナルなメニューも丼モノも酒のアテもあって、使い勝手がいいんだよねぇ。また寄らせてもらいますねぇ。

升風庵@宗像 & 讃岐うどん つるべぇー@岡垣 

今日の麺ドラは北九州方面。一麺目は「升風庵」。新蕎麦出てなかった次の候補店に行こうと思ってたんだけど、店頭に張り紙あり。ありがたや。店に入るとほぼ満席、奥の座敷席が空いてたんで通される。さてメニュー拝見。んー、温蕎麦の「しおそば」、天草大王のガラスープ使ってるそうで気になるけど、やはり新蕎麦なので「盛そば」だな。やや待って麺登場。
20112900.jpg 20112901.jpg
蕎麦は二八、麺線は太さも長さも整っている。新蕎麦らしい香りは、土っぽさがほんのりと。噛みしめればしっかりと甘さも感じられる。つゆは甘辛程よく、やや甘さ寄りかな。大根おろしと、青ネギを少々入れて、蕎麦に絡めて味わう。麺の量は多からず少なからずくらい。麺完食後は蕎麦湯、やや薄めの蕎麦湯でつゆを延ばして、青ネギを薬味に味わう。蕎麦徳利の中のつゆまで楽しんで、ごちそうさまでした。
ホントはにぎり寿司セットとか稲荷セットとか頼むのがいいんだろうけど、連食だからどうしてもねぇ。次は思い切って天草大王使用「とりせいろ」1,620円行ってみようかな。

升風庵
盛そば 780円 ☆3.5
宗像市牟田尻1845 11:00~19:00頃 水曜定休
HPあり


二麺目は飯塚でラーメン、と思っていたのだが、ちょっと気になる店があったのを思い出して予定変更。向かったのは岡垣町の「讃岐うどん つるべぇー」。今年10月オープンのフランチャイズチェーン店、来月には古賀店もオープン予定。ちなみに本店は愛媛県。さてこの店、讃岐うどんとかすうどんを名物としている。まあ讃岐うどんは麺、かすうどんは具だから矛盾はしてないけど。というわけで「かすうどん」をチョイス。セルフスタイルでまず麺を注文、受け取って天ぷらとか取って会計する流れ。ちなみにかけうどん270円かすうどん500円、ワンコインならいいよね「550円になります」ぬかった税抜表示であったか。
20112902.jpg 20112903.jpg
ネギとか天かすとかレモンとかはセルフ。俺は別に無いなら無いでいいんで。ややエッジが立った麺は中太、茹でたてではないが、芯にかすかに腰を残したいい感じの歯ごたえ。小麦は「讃岐の夢」使ってるそうで、こりゃ釜玉も期待出来るかも。すめは昆布ベースかな、煮干しや節系はそんなに強くなく、トータルでやや甘め。かすの油の甘さもあるかも。油かすはグニグニと歯応え強め、噛みしめたらジュワッと油っ気が広がる。重さもくどさもない。まあ言うてもかすうどん食べたん2回目やしなぁ。あととろろ昆布が入ってるん、油かすの甘さを抑えたい狙いもあるかもなぁ。最後は具の欠片まで完食。
セルフスタイルの讃岐うどん店としては、一定のレベルに達しているかな。次は古賀店オープンしたら「牛釜玉うどん」460円あたり狙ってみるかな。ちなみに、海老津店、古賀店、どちらも「博多一番どり」の居抜きなんで、これから福岡で店舗展開の可能性もあるのかも。

讃岐うどん つるべぇー
かすうどん並 550円 ☆3.5
遠賀郡岡垣町東松原1-2-8 10:30~15:00
HPあり


20112904.jpg 20112905.jpg
20112906.jpg 20112907.jpg
この後は飯塚の麻生大浦荘特別拝観。消毒検温、記帳など対策バッチリでしたがガラガラでした。紅葉の旬は過ぎてたかな。

手打ち蕎麦 いの上@春日、夜は紅葉八幡宮から餃子牛タン屋さんへ 

粗挽 1,100円 ☆3.5
春日市上白水4-56 11:30~16:00 月曜・第2第4火曜定休
HPあり

20112800.jpg
今日のお昼は「手打ち蕎麦 いの上」へ。メニュー眺めると温蕎麦の「花巻き銀あんそば」が気になるが、数量限定の「粗挽」なんてのがあるならそちらでしょう。限定5食。揚げ蕎麦つまみつつちょい待って麺登場。
20112801.jpg 20112802.jpg
小皿の黒いのはなんと塩昆布。塩を出す店は多いが塩昆布ははじめてだな。ちょいとつまんだ蕎麦に塩昆布をちょいと載せて口にすると……いいね。酢の風味がないドライな塩昆布なので、塩を付けて食べるよりも味わい深い感じ。表面がざらついた蕎麦は太さは整っているが長さが全体的に短め。難しいのはわかるけど、終盤かなり食べるのに苦労した。蕎麦粉は益子産かな、香りはそこそこだが甘味がしっかり感じられる。つゆは甘辛強め、やや辛さに寄ってるかな、浸しすぎると蕎麦の風味が死ぬのでちょっとずつ。麺完食後は蕎麦湯、たっぷりめで延ばすとつゆの中のダシの香りがふんわり開く。
蕎麦に塩昆布ってのは新発見だね、いい塩昆布を見つけたら試してみたいかも。

夜は藤崎経由で今泉方面へ。
続きを読む