FC2ブログ

手打蕎麦 風りん@高砂 ~もっと目立つべき店~ 

小そば(冷)+親子丼 930円 ☆4.0
福岡市中央区高砂1-6-6 11:30~15:00&18:00~22:00 日曜定休

今日のお昼は最近どっかのブログか何かで見た記憶がある「風りん」。久しぶりだな。店内カウンター4席と4人掛けテーブル2卓。オーダーはセットメニュー、5種から選べる丼から親子丼、温か冷か選べる小そばから冷をチョイス。お冷やと温かい蕎麦茶を飲みつつ、ちょい待って麺登場。
21033000.jpg
蕎麦は麺線細めでちょい太さにバラツキ、長さは程よく安定。盛りは少なめではあるが、並盛りの七割くらいはあるかな。歯応え口当たりはいい感じ。つゆは甘辛強め、やや辛め寄りで、それが蕎麦の甘さを存分に引き立てる。逆に、つゆに浸しすぎたら蕎麦が死ぬカモ。薬味は大根おろし、本ワサビ、白ネギは繊維を断ちきる方に粗めの千切り。この切り方は珍しいな。親子丼はムネ肉モモ肉混在、卵はしっかり火が通っているがフワフワの仕上がり。つゆだく気味、ごはんもちゃんと美味い。タクワン2切れも上出来。食後は釜湯タイプの蕎麦湯でつゆを最後まで味わう。本ワサビもちゃんと美味かった。
いい店なんだけど場所が悪いのか、今日は客は俺だけでした。この店はもっと知られるべき。夜の部はつまみは多くないけど品揃えがいいし、日本酒の揃いもいいし、次は飲みで来てみるかな。

そば処 山月@白木原 ~濃い白と薄い黒と~ 

天丼セット(かけそば) 1,150円 ☆4.0
大野城市白木原3-10-1 11:30~14:30 日月火水定休

今日のお昼は「山月」へ。今日も相変わらず、半分以上の席が埋まる人気っぷり。さて今日は一度食べてみたかった「天丼セット」、ざるそばかかけそばか選べるので、吸い物代わりに「かけそば」で。実はこの店でかけそば頼むのはじめてなのだ。
21031100.jpg
ポリポリと揚げ蕎麦かじりながら、蕎麦茶飲みながらゆるりと待つ。やや待って麺登場。
21031101.jpg
蕎麦は外二だったかな、麺線細めで揃ってモッチリとした歯応え、蕎麦の甘さもいい感じ。すめはかなり薄めの色合いだが、節系の美味さが爆発、想像以上に濃い味わい。意外と塩気も強く、何とも俺好みな味わい。薬味にミツバ、柚子皮、そして極細に刻んだ白ネギが歯応えも風味も存在感があって面白い。天丼はご飯少なめ天ぷら多め、天ぷらはエビ、ナス、カボチャ、ナバナ、シメジ、だったかな、カラッと揚がってサクサクの衣。タレは真っ黒だけど見た目に反して塩気は控えめ、溜まり醤油使ってるのかな。漬物は薄味の奈良漬けと、黒ゴマをまぶした高菜漬け。この黒ゴマがいいアクセント。最後はすめまで完食。
見た目に反して天丼薄味蕎麦濃い味。細かいアクセントまで良かったです。こりゃ次の冬には温蕎麦も攻めてみたいねぇ。

湯桶庵@箱崎 ~蕎麦湯フィーバー~ 

鴨せいろ(ざるそばセット付き) 1,170円 ☆3.5
福岡市東区箱崎ふ頭3-6-3 11:30~16:00 日月祝日定休

今日のお昼は「湯桶庵」。鴨南蛮丼でも知られるこの店の鴨せいろ、食べたかったんだよねぇ。さらに+100円でざるそばセットが付けられるので、それでお願いする。客入りは半分弱くらいか。ちょいと待って麺登場。
21020400.jpg
蓋付きの器が品があるねぇ。蕎麦は鹿児島産の二八かな、甘さと微かな香りが感じられる。麺線も整って、量的にも不足は無い。ざるつゆは軽い甘さにキリッと辛さ、奥にほんのり節系のダシ感があるかな。鴨つゆは蕎麦が浸からないほどの具だくさん、小さめに切られた鴨肉と白ネギ、あとミツバと青ネギ。つゆは甘さ強め、特に鴨の油と焦がしの香ばしさが立っていて、濃厚だけどしつこくない。鴨の噛み応えと脂身、白ネギの柔らかさが、量もあるので存分に味わえる。麺完食後は蕎麦湯、ざるつゆと鴨つゆの両方を交互に楽しめる楽しさよ。
いやぁ、食後は腹の底からポッカポカ。ご馳走様でした。次は何かね、いずれ鉄火丼も鴨南蛮丼も試してみたいねぇ。

照月庵@大手門 ~貝好き集まれ!~ 

蛤せいろ 1,000円 ☆4.0
福岡市中央区大手門3-13-7 11:00~15:00&17:00~20:00 日祝定休

今日のお昼は「照月庵」。こないだ来た時に、メニューのバラエティの広さ、そして季節モノの扱いが良かったので早めにまた来てみた。今日のオーダーは「蛤せいろ」。他で見たこと無いメニューなので楽しみ。出前の電話が鳴り響く中、ちょい待って麺登場。
21020200.jpg
蕎麦湯用の蕎麦猪口の他にも殻入れの皿、蕎麦湯まで一気に登場。麺は二八かな、しっかり歯応えで甘さも感じられる。麺量もまずまずで、終盤ちょいと千切れた麺もあった。熱々のつゆは江戸前風に醤油が利いてて、でもそれ以上にハマグリの出汁がガッツリ感じられる。特にハマグリ出汁が染み込んだたっぷりの青ネギがすごく蕎麦と合う。ハマグリ自体も決して小さくないサイズのが5個、身離れはやや悪いがレアな火の通り具合でむっちゃジューシー。ああコレは酒が進む蕎麦だわ。上手に蕎麦を食べ進め、麺完食後は蕎麦湯。ほぼ釜湯の薄めだが、それでもつゆに残るハマグリの風味を存分に味わう。
貝好き、ハマグリ好きは明日にでもここに来なさい、ってくらいの美味しさでした。次は夏の冷たい蕎麦かな、でも他に季節モノも出してくれそうな予感!

ぷち麺にゅーす
・「なおちゃんラーメン」大濠店、豚骨から中華そばにシフト?
21020201.jpg

湯桶庵@箱崎 ~福岡屈指の天丼と~ 

天丼(小)+こそば 600+390円 ☆4.0
福岡市東区箱崎ふ頭3-6-3 11:30~16:00 日月祝日定休

これは先日の話。江戸前の天丼で知られる「湯桶庵」へ。他に鉄火丼や鴨南蛮丼でも名を馳せる。というわけで俺のオーダーは「天丼(小)」と「こそば」で。ギリギリ3桁だな。とはいえこのレベルの名店となれば、値段を気にせずオーダーしたいものである。俺はまだまだ小さいな。ちょい待って麺登場。
21012400.jpg
21012401.jpg 21012402.jpg
蕎麦は二八、北海道産だったかな。風味はいいけどちょい粉っぽさがあったかな。すめは淡口の関西風、節系より昆布が強い印象。ちょいと載った大根おろしが意外と存在感があった。天丼は甘辛強めのつゆが絡んだ、海老とキスとシソ。カラリと揚がった天ぷらはほんのりとごま油の香り、芯にレア感を残した揚げ具合が見事。強めの味付けでご飯がガンガン進む。付け合わせの漬物もいい具合、蕎麦よりも丼が主役格で食べ進み、ズズッと完食。
ああ、この店は蕎麦も美味いが天丼は格別だったな。次は同じく格別であろう、鴨せいろを狙ってみたいな。