FC2ブログ

鳥鶏研究団@博多駅前 ~塩なのに塩が足りない~ 

塩らーめん 600円 ☆4.0
福岡市博多区博多駅前4-31-11 11:30~14:00(夜は鶏居酒屋営業) 日曜定休

今日のお昼は「鳥鶏研究団」、たまたま通りすがったら駐車場が空いてたんで。正午前はお席にかなり余裕があったが、正午過ぎたらガンガン入ってきてほぼ満席に。券売機で迷わず「塩らーめん」の食券を購入。ちなみに聞いてた感じ、売れ筋は唐揚げ定食が一番人気みたい。
18092000.jpg 18092001.jpg
麺があまりに美人だったんで思わず箸上げの写真撮っちゃったよ。麺は製麺所慶史謹製、平打ちの細麺。滑るように滑らかな食感と跳ねるような口当たり、歯応えも気持ちよく残ってて、この麺小売りしてもらいたい(笑)。スープははかた地どりで取ってるんでしょうな、濃厚ではないがしっかりした味わいの、滋味深い美味さ。二日酔いの朝に飲みたい味わいかも。ただ、油っ気も塩気も控えめで、特に塩ラーメンなのに塩気が弱いのはちょっと好みから外れる。卓上の塩と胡椒のミルで味を足せるとはいえ。具は鶏ムネ肉チャーシュー、コマツナ、白髪ネギ。シンプルやね。鶏肉は低温調理でムッチリジューシー、なるべくスープに沈まないように常に置き場所を考えておきたい感じ。最後はスープの半分くらいまで完食。
塩ラーメンは塩気がしっかりしてて欲しいってのはずっと俺が言い続けてる事ではあるが、まあ俺個人の好みの問題。鶏ダシラーメンとしては素晴らしい出来かと思います。また焼き鳥飲みで来てみたいなぁ。

蕎麦 おざき@警固 ~やはり蕎麦屋飲みは楽しいな~ 

今夜は蕎麦屋飲みでした。舞台は警固の「蕎麦おざき」。シックスパックを目指す筋トレ師匠(笑)にご一緒頂きました。
18091900.jpg 18091901.jpg
突き出しの揚げ蕎麦と、湯葉刺し。湯葉大好きなのよ。豆腐より濃厚な大豆の甘さと歯応え、ワサビや醤油との相性も抜群。卵焼きはもちろん出汁巻き、しっかり出汁を含んで、それを流れ出さない焼き方が見事。
18091902.jpg 18091903.jpg
鴨焼きはレアではなくしっかりと火を通して、それでいて硬くなくジューシー。甘めのタレをサッとくぐらせてる感じの味付けもいいね。天ぷらは単品でいろいろ頼んだら、1個しか頼んでないのは半分に切って出してくれた。盛りつけもお見事。品目はごぼう、穴子、新レンコン、舞茸、ブラウンマッシュルーム、栗、イチジク。季節モノのラインナップが豊富で嬉しい。今日のだとごぼう以外全部季節モノ。イチジクとか天ぷらなのに甘さ炸裂よ。
18091904.jpg
乾杯の生ビールの後は日本酒を5,6種くらいいったかな。締めは「冷やかけすだち」小。蕎麦は二八、群馬県渋川市赤城町の夏新、品種はキタワセ。歯応えしっかりめで噛みしめた奥に甘さが広がる感じ、キリッと冷えたすめにすだちの爽快感が光る。これ食べたら二日酔いにはならんだろうなというくらいの後味の良さ。
普段使いに良く、昼飲みもできて、通し営業なんで早めの飲みにも対応。惜しむらくはラストオーダー20:30という早仕舞い。でも美味かったです。次は天ぷらをもっと追求してみたいカモ。

丸源ラーメン@二又瀬 ~塩っぽくない~ 

磯海苔塩ラーメン 734円 ☆3.0
福岡市東区二又瀬2-37 11:00~翌1:00
HPあり

今日のお昼は「丸源ラーメン」2回目。狙いは「磯海苔塩ラーメン」。元々塩ラーメン好き、海苔好きってのもあるし、メニューの写真見たらむっちゃ山盛りの磯海苔が載っててワクワクしながら頼んだんですけど。
18091800.jpg 18091801.jpg
ありゃ、メニューの半分とはいわんけど6割くらいの量でしたよ。赤いのは柚子胡椒だそうで。麺は番手20番の中細ストレート、ムチップリッとして歯応えしっかりめ。スープはケモノ系やら魚介系やら野菜やらいろいろ使ってるんでしょうな、渾然一体として「なんとなく美味しい」味に仕上がっている。油っ気も程よくコクがあり、でも塩気は控えめ。塩ラーメンって名前だけどダシラーメンって印象。具のチャーシューは意外と歯応えしっかりめ、メンマは太めでザックリとした歯応え。そして磯海苔は……歯応えソフトで風味もソフト。うーむ。終盤は柚子胡椒を溶かし込むと、これが柚子の風味とピリ辛で塩気を補ってくれる。最後は具の大半まで完食。
ちょっと期待とは違う味だったかな。次は「醤油とんこつラーメン」の黒(焦がしネギ)、余裕があったらチャーハンランチで頂いてみようかな。