FC2ブログ

讃岐うどん よろず屋@直方 & しる商人@田川 

麺ドラ。まずは中間市の「こばやしうどん」へ向かうが……リニューアル準備中で当面休業との事。ガクー。では近くの「うどん満月」中間店へ……あれ開いてない、ていうか様子がおかしいな。調べてみたところ、7月8日をもって閉店との事。ガクー。だったら「讃岐うどん 伴」へ……駐車場埋まってる! ガクー。もう口がうどんだしなぁ。近場でうどん屋を脳内検索……直方に讃岐とどぎどぎがあるな。というわけでまずは「讃岐うどん よろず屋」へ向かう……開いてた! いそいそと店内へ。住宅地のど真ん中でセルフスタイルというこの店、以前、釜玉とぶっかけを頂いた。じゃあ今日は何か。冷やかけだな。あと鶏天も。
20071200.jpg 20071201.jpg
しっかりエッジが立った中太麺はミッチリとした、でも硬いとは感じさせない、ハード寄りの歯応え。麺線も長めで整っていて、噛みしめるほどに小麦の甘さ。透明感が高い冷すめは節系よりはイリコ寄りかな、派手な味わいではなく、しっかりと麺を引き立てる感じ。キリッと冷たいすめは夏にはいいよね。鶏天は保温ケースに密封されており、揚げ置きながら熱くサクサク。モモ肉なのでジューシーで柔らかく、サイズ感もかなりのもの。そのまま食べたり、終盤は冷たいすめに浸して食べたりしつつ、最後はすめまで完食。
すげぇ失礼な言い方ではあるが、地方都市の住宅地にある店がこれほどハイレベルな讃岐うどん出してるってのはホント驚きですよ。しかも今日のセットはワンコインだし。希望を言うなら、天ぷらの種類が増えたら嬉しいかな、ってくらい。げそ天とかかき揚げとかあったら嬉しいね。次は何を食べようかね、「明太釜バター」とか面白いかも。

讃岐うどん よろず屋
かけうどん(冷)+とり天 350+150円 ☆4.5
直方市感田2669-1 11:00~15:00 水曜定休
Facebookあり


二麺目は予定通り「しる商人」へ。5年ぶりくらいか。今週の限定は「かしわの玉子とじピリ辛らーめん」だが興味なし。「塩つけめん」か「塩まぜそば」で迷った末「塩まぜそば」をチョイス。ちょい待って麺登場。
20071202.jpg 20071203.jpg
しっかり混ぜて2枚目パシャリ。細縮れの麺は歯応え強め、口当たりは滑らかでしっかり味を絡め取る。絡むタレはゴマ油を中心にした香味油に塩気強めのタレ。「塩まぜそば」の看板に偽りなし、しっかり利いた塩気が麺の味を引き立てる。まあ少々喉が疲れるが、これほどしっかりと塩を感じるまぜそばはレアであろう。具のメンマ、糸海苔、ネギ、あとチャーシュー1枚は普通に美味い。麺量は200g、最初は底に溜まってたタレも、麺に絡めて食べ終わる頃には全く残っていない。
重ねるが「塩まぜそば」の商品名に相応しい、塩加減と味加減だったな。次は創作麺か「塩つけめん」の二択だね。

創作らーめん しる商人
塩まぜそば 680円 ☆4.0
田川市夏吉1424-5 11:00~15:00 火曜定休(祝日は営業)
Twitterあり

麺家といろ@六ツ門 ~器が小さい話~ 

コク醤油らーめん 680円 ☆4.5
久留米市六ツ門町22-40 11:00~15:00 不定休(今月は12日、18日、24日)
Twitterあり

今日は久留米で遅めのお昼。せっかく土曜に久留米なんだから、日曜定休の店を狙ってみるも、あちらもこちらも行列。学生が多かった気がするな。で、フラフラ彷徨って、チョイスしたのが今年オープンの新店「麺家といろ」。14時過ぎてたんで先客後客なし。麺は豚骨が630円、醤油とコク醤油が680円、カレーめんが780円だけど売り切れ。コク醤油は醤油に背脂と肉汁を加え、元ダレも違うの使ってるっぽい。同じ値段なら「コク醤油」だな。そんなには待たず麺登場。
20071100.jpg 20071101.jpg
麺は京都から取り寄せる中細の弱縮れ、これが美味い。モチモチの歯応えに滑らかな口当たり、麺自体の味もしっかり感じられる。スープにジャストフィットしてる感じ。スープは鶏ガラ豚ガラなど、濃厚ではないが深みのある味わい。そして京都の醤油を使った元ダレ、この醤油風味がかなり前面に出てきている。ここまでクッキリと醤油を感じるラーメンは珍しい。具は低温調理のチャーシュー2枚、半熟煮玉子半分、茹でモヤシ、ネギ、そして背脂。この背脂がコク出しのみならず、具としても存在感がある。チャーシューはもう見た目通りのジューシーさだし、煮玉子もちゃんと美味い。最後はスープの七割くらいまで完食。
いや、素晴らしく俺好みな一杯でした。こりゃ近いウチに他のメニューも食べてみなければ。ただ1つだけ申し上げるなら……丼のサイズが普通のラーメン店より一回りか二回りか小さいんよね。麺量は少なくなかったはずだけど……麺が届いた瞬間の「アレッ?」感が……いやホント美味しかったですよ。えぇ。

元祖長浜屋@長浜 ~柔麺のデメリット~ 

ラーメン 550円 ☆3.5
福岡市中央区長浜2-5-38 4:00~22:00(土曜~24:00)

訳あって今日のお昼は11時くらい。というわけで開いてる店が少ない。その中から絶対開いてる店の一つ「元祖長浜屋」。4年半ぶりか。店の上のコインパークに車を入れるが、6階まで空きスペースがなかったよ。ラーメンの食券を買い、オーダーは「柔麺のネギ抜き」。店内眺めると営業時間変更のお知らせとか、持ち帰りはやってませんなんて掲示も。しばし待ち、後客の「硬麺と焼酎」オーダーに抜かされながら、ようやく麺登場。
20070900.jpg 20070901.jpg
麺は硬麺とは好対照の、ムチモチな歯応え。スープの絡みも抜群にいい。スープは今日はちょい弱いな。いつもの七割くらいの豚骨加減。というわけでタレ足して塩気で食べ進める。逆に肉はコンディションがいいな、豚肉の味もしっかりしてて、量もちゃんとした形の肉にボロ肉が挟まれるミルフィーユ状態で9層くらいあったんじゃないかな、前半に肉を節約して食べてたら終盤肉が余ってしまったほど。わはは。最後は肉の欠片まで完食。
スープのブレは想定内、何より柔麺が良かった。麺量もたっぷりだしね。ただ、柔麺のデメリット。茹でるのに時間がかかる上に熱々なんで食べるのにも時間がかかる。店の上のコインパークは15分50円なんだけど、6階ってのもあって15分で間に合わず100円かかりましたとさ。惜しい。